不登校などの理由によって、学校以外の場所で学び・育つ子どもを応援する「教育機会確保法」の基本指針づくりが文部科学省でスタートします。

 

基本指針の作成には、民間の支援団体やその他の関係者の声を反映するように法律で定められており、不登校の親の会やフリースクール全国ネットワークにもヒアリングがされることになりました。

 

そんなわけで、フリースクール全国ネットワークでは、会員の皆様や様々なイベント・学習会でお会いした皆様からの意見も元にしながら、ヒアリングの時間に何をアピールしようか検討しています。

会議中…

 

よい基本指針ができて、それに基づいていい支援が実施されるよう、頑張ります。

新着情報一覧へ