READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

寄附総額

9,995,000

目標金額 8,000,000円

寄附者
195人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2017年01月24日 10:00

福祉先進国ってほんと?ーイギリスから福祉のあり方を考える1

イギリスの大学院を出た私は、1年弱、イギリス南部にあるブライトンで暮らしました。

 

イギリスと言えばみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?何だか気品があって、制度や設備が整ってる先進国、きっと障害者にとって日本より暮らしやすいんだろうな…

 

そんな理想を抱いている人は今すぐ考えを改めたほうがいいです!

 

 日本のほうが知らない人に声をかけにくい文化な気がしていて、イギリスに行けば白杖ついて歩いてれば気軽に声かけてくれるだろう、人に聞きながら出歩けばいい…、そんな気楽な気分でいました。でも実際に1人で通学し始めて、むしろ日本以上に誰1人として声などかけてくれない国だということに気づきました。たぶんここは、「自己責任」の国なのです。1人で出歩いてるってことは大丈夫なんだろう、他人のことは他人のこと。たとえ私が泥水たまりにはまっていても、人々は平気で横を通り過ぎて行きます。

 

 そもそもイギリスにおいて、視覚障害者が単独で外を歩くことが想定されていないような気がします。キャンパス内や町中の道は、私でさえこれは難易度が高いと思ってるような道ですし、車内放送など無いバス、音声の出ないATM、裏表の分からないカードたちなど、どう考えても視覚障害者単独での利用は不可能に思えます。またイギリスの電車は、たとえば上りと下りという2本しか無かったとしても、ホームが5番線くらいまであったりします。そして、次は何時にどのホームにどっち行きの電車が入ってくるか、その直前に改札口付近の掲示板に表示されます。したがって人々は改札を入ったところで立ち止まって掲示板を見ていて、次に来る電車とホームが分かった瞬間、一気に人が動きます。

 

 次回の記事で紹介するように、確かに福祉の制度は整っています。しかしイギリスの物理的なバリアのレベルはフィリピンとたいして変わらないというのが私の見解です。ヨーロッパのほうがバリアフリー化が進んでいるに違いない…、とんでもないです、日本は物理的なバリアフリーについては世界に誇れますよ!点字ブロックもホームドアも、日本発症の設備です。

 

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

5,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
95人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

10,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
73人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

30,000円寄付コース

■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

50,000円寄付コース(団体HPにお名前記載)

■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

100,000円寄付コース(盲学校の寮にお名前記載)

■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

300,000円寄付コース(寄付者様のもとへ直接ご訪問)

■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

1,000,000

1,000,000円寄付コース(現地からあなたへの特別動画メッセージ)

■ 現地から感謝の気持ちを込めて、あなたへの特別動画メッセージをお届け
■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする