http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201803/CK2018031502000156.html

 

注) 記事の訂正

高橋さんは「あなたのふるさとはどこですか?」、三浦さんはユリアゲStory Guideとして「震災とこれまで」というテーマでお話ししていただきます。

 

2017年8月11日、大川小学校の遺構を見学しました。

建物の骨組みの曲がり方から、その津波の威力、恐ろしさが伺えました。

そして、いかにも小学生らしい遊具に、ここが子供の多く集う場であったことを思い知らされ、事の悲惨さを痛感しました。

震災当時、私も小学4年生でした。

私と同じ小学生が、沢山津波に飲まれて・・・と思うと、胸がつぶれる思いがしました。

どんなに怖かっただろう・・・

どんなに苦しかっただろう・・・

恐ろしい津波の中で、声は出なくても、「お父さーん!!お母さーーん!!!」と心の中で叫び続けていただろうな・・・

そう思うと、涙が出てきます。

 

被災地に立ち、被災者の方の話を伺い、私の意識は一変しました。

是非多くの方に、被災地を訪れてほしいと思います。

そして、ぜひぜひ3月31日の講演会を聴きに来てください!

語り部の方の生の声は、必ず心に響くと思います!!

 

クラウドファンディング終了まであと7日、精一杯頑張りますので、応援宜しくお願い致します。

 

新着情報一覧へ