クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

福島のこども達に自由なイルカの世界を感じて欲しい!

藤田 央 (RECK)

藤田 央 (RECK)

福島のこども達に自由なイルカの世界を感じて欲しい!
支援総額
1,245,000

目標 1,200,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年05月05日 15:08

御蔵島とイルカの話

 

御蔵島は東京から南へ200kmに位置する伊豆七島の一つです。東京・竹芝桟橋から船で約8時間程です。島は断崖絶壁に囲まれていて、島内の深い森の中には沢山の巨樹がたたずんでおり、まさに自然の宝庫といった感じです。


現在、御蔵島には約120頭のミナミハンドウイルカが生息しており島を周遊しています。
島には25艇程のイルカスイミングボートがあり産業の少ない人口300人の島では、ローカルの大きな収入源となっています。


島では、ドルフィンスイムを3月中旬から11月中旬まで行っており、イルカに会える確立は、95%とかなり高いです。浅いところでは、水深5mくらいのところにもイルカは来てくれます。
近年はイルカに会いに来るお客さんも一時期にくらべ随分落ち着いてきたと、去年お世話になったドルフィンスイムボートの船長は言っていました。


「イルカのやつらはきっと俺のこと嫌いなんじゃないかな~って思うよ。夏は毎日お客さんをのせてイルカに会いに行くんだけど、あいつら間違いなく俺の顔知ってると思うよ。水面から顔をあげて、ジーっと俺のこと見てるんだ。またコイツだって顔して。海の中で聞こえるボートのモーター音で誰が船長かもきっとわかってるよ。自分たちの部屋に毎日、毎日、うるさい音たてて知らない人たちが来るのはストレスだと思うよ。だから、複雑なんだ、お客さんの喜ぶのは嬉しいけど。」


島の人たちは、イルカとの共存の仕方をいろいろと模索中な感じを受けました。島の資源をうまく持続していきながら、人間と自然が寄り添えることができればいいなと思います。


このドルフィンキャンプは、保養プログラムと自然環境教育を見据え、御蔵島の未来につながる取り組みになればとも考えています。


P.S. 余談ですが、御蔵島って東京都なんですよ。なんと車は品川ナンバ~。
 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・こどもたちからのサンクスレター
・ドルフィンポストカード5枚

支援者
34人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3.000円の引換券に加えて
・オリジナルカラー三色晴れるやキャンドルを1本。

支援者
30人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10.000円の引換券に加えて
・オリジナルカラー三色キャンドル2本
・TEAM BERUF “STAND UP FOR FUKUSHIMA KIDS”オリジナルT-shirts
・FUKUSHIMA DOLPHIN KIDS CAMP御蔵島DVD1枚

支援者
10人
在庫数
20

50,000円(税込)

30.000円の引換券に加えて
・被災地のアワビの貝で作ったお守りー羽首飾りーDOLPHIN KIDS SHELL FETHER

支援者
2人
在庫数
18

100,000円(税込)

50.000円の引換券に加えて
・御蔵島名物御倉まんじゅう
・御蔵島ドルフィンスイムチケット1枚
(交通費と宿泊代は自己負担)

支援者
1人
在庫数
9

300,000円(税込)

300.000円の引換券に加えて
・御蔵島ドルフィンスイムチケット2枚(交通費と宿泊代は自己負担)
・Team Berufと仲間達が立ち上げた保養プログラムで利用している奈良ー飛鳥にある200年前の古民家レインボーウサギハウスの1週間無料滞在件
(1年間OPEN TICKET)

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする