100%みなさんのおかげで届くことができました。

 

今回のReady Forをスタートするときは、

「ガザ」「学習障害」のニッチなプロジェクトで100万円の目標設定をするのが

大変恐ろしく、もし届かなかったらどうしよう?と仲間内で大変悩みました。

最終的にReadyforのパートナーのみなさんから

「ガザのドラゴン桜は今までのシリーズで一番素敵なプロジェクトだから大丈夫!

きっとみんな応援してくれる!」との言葉を受けての挑戦となりました。

この場で72名の支援者のみなさまと、

Ready Forのパートナー、キュレーターのみなさんにお礼を言いたいと思います。

ありがとうございました!

 

あと25日間支援を受け付けています。

実は現地ヨルダンに入ってみて「ドラゴン20時間の集中プログラム」は大変好評で、ガザの先生方20名からも「学習障害のリーディング指導についてもっと学びたい」「数学指導についてもっと学びたい」など追加の授業コンテンツを望む声が多く、100%以降の支援はそちらに充てさせていただき、よりガザの子どもたちにとって意義のあるプログラムにしていきます。

引き続きどうかよろしくお願いします!

現在、僕税所篤快がガザに入って現場レポートをできないか国連UNRWA経由で申請を出してもらっています。万が一イスラエル側の許可が降りた場合は、今回のトレーニングがガザの子供達にどのように役立ったかを直接レポートしたいと思います。

税所篤快

 

 

 

 

新着情報一覧へ