ガザ・特別教育現場

本日はLearning Support Centere でスペシャルニーズ小学生の授業を見学してきました。

こちらの先生はMaghazi Campのガーダー先生の授業風景。

トレーニングを受けた先生たちからドラゴン桜トレーニングのフィードバックを聞いたところ。

1.実践的な指導テクニックをもっと学びたい

ムナ先生は実践的にそのまま使える教授方法を教えてくれていたので非常に有意義だった。特に読み書きのパートはとてもよかった。実際の事例を多く使用していたので、すぐに教室での出来事を連想して考えることができた上に実践的であった。
 
マヤダ先生もすばらしかったが、実践への応用のしやすさはムナ先生が勝っていた
 
2.ラーニングディスオーダーとディスアビリティの見分けかたを習得したい
 
3.聴覚や視覚に訴える教授法なども習得したい
 
4.諸外国での学習障害のベストプラクティスを学びたい
 
トレーニングの成果としては
1.今つかっている教材をトレーニングの内容を踏まえて改良でき、よりよい教材になった。
2.今までガザ外のプロの方の話を聴いたことがなかったので非常に有益だった。
 
などの意見を頂きました。
 
引き続き先生たちのニーズを聞いて次のプランを考えたいと思います。
 
税所篤快

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています