READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

巨大刑務所!?封鎖都市ガザ版ドラゴン桜

税所篤快

税所篤快

巨大刑務所!?封鎖都市ガザ版ドラゴン桜

支援総額

1,089,000

目標金額 1,000,000円

支援者
85人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2012年09月14日 15:42

マヤダ教授、最後の授業

 

 
2012年9月13日、いよいよマヤダ先生、最後のセッションです。実践的なサポートプランを作るための授業になります。
 
いつもの部屋が取れなかったため、先生たちには
 
「もっと広い部屋なかったの?」
 
「狭い」
 
と文句を言われながら始まりました
 
始まるまで少しアンマン側でテクニカルな問題があったので、マヤダ先生からいただいたマニュアルが先生たちのもとに冊子として届いたこと、UNRWAガザ教育部門のチーフと相談してマニュアルを普通の先生方にも使ってもらうことを検討してもらうことなどを話しました。
 
また先生たちには来週今回の研修についての質問票に答えてもらう旨など伝えてから始まりました。
 
今回はスライドにすると先生の顔が映らないなどのテクニカルな問題がありました。そして先生がホワイトボードに書いている様子が見えなかったり、最後の最後まで問題はありましたが、音声はいままでで一番良かったような気がします。
 
 
短い先生のプレゼンを皮切りに(ここでもガザの先生たちはたくさん自分が正しいと思う答えを言っていました)、間違え探しの問題、出された宿題を先生方が発表するなど、ポンポンと会話のキャッチボールが続き、マヤダ先生は一人ひとりの先生の名前を呼びながら授業を進めていました。
 
先生たちも
 
「いや~、大学以来久しぶりに宿題をしたよ~、学生にかえったみたいだ」
 
と皮肉って言ってはいましたが、その姿はとてもやる気に満ちて見えました。
 
残念ながら私は途中で研修を抜けなければならず、ムナ先生の授業は見られなかったのですが、先生たちは毎回本当に役に立つ研修だ、と言ってくれていました。
 
すでに、今回の研修でやったことを生かして他のプログラムを担当している先生方をサポートする企画が始まっています。
 
ILP(Interactive Learning Programme)といって、UNRWA学校の中でも学びのスピードが遅かったり成績が思うように伸びない生徒たち(1-2年生)をコンピュータを使ってゲームを通して教科書を学ぶ、というプログラムがあるのですが、
 
今回研修を受けているSEN(Special Education Needs)担当の先生たちとCMH(Community Mental Health)の職員が協力してILPの先生たちの研修を始めることになりました。
 
ILP担当の先生たちにもこのプログラムではカバーしきれないニーズを簡単なツールを用いて確認し、生徒が必要なサポートを受けられるように適切な部署をつなぐ仕組みを強化するための研修になります。
 
プロジェクトの初めから最後の授業まで支えてくださった皆様に本当に感謝したいと思います。
 
ガザ・大澤小枝
一覧に戻る

リターン

2,000

・サンクスレター
今回受講したガザの先生からのお礼の手紙

支援者
22人
在庫数
制限なし

5,000

・サンクスレター
・あなたとともに世界を冒険するドラゴン桜5大陸電子版パスポート(ガザ版)

支援者
21人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスレター
・あなたとともに世界を冒険するドラゴン桜5大陸電子版パスポート(三大陸版)
・税所篤快主催特別イベント招待券
日本(税所篤快)とガザ(大澤小枝)をテレビ電話で繋ぎ、今回の映像授業の報告会を行います

支援者
27人
在庫数
制限なし

30,000

上記3点に加え、
・授業最後での支援者のお名前をエンドクレジットに載せます

支援者
9人
在庫数
制限なし

50,000

上記4点に加え、
・税所篤快が直接支援者のところにご報告に伺います
※ご報告に伺う先は国内限定とさせて頂きます。

支援者
6人
在庫数
完売

100,000

上記5点に加え、
・プロジェクト名のネーミングライツ
今後、映像授業終了後の成果報告のレポートやドラゴン桜五大陸シリーズの呼称として使われるプロジェクト名のネーミングの権利です。
※相応しくない名前の場合は別の名前の候補を出して頂く可能性があります

支援者
1人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする