遠藤元気(えんどうげんき)27歳

太鼓歴(17年)

○好きな食べ物

川俣シャモの丸焼き

 

参加メンバー、私を含め10名の紹介でした。始めたきっかけ、友達や兄弟の影響、そして私もそうでしたが「かっこいい」という感動が共通してあったかと思います。それぞれ学校に行きながら、仕事をしながら、思い切り太鼓を楽しんでいます。次の世代がその姿を見たとき「かっこいい」と思えるよう、かつて自分たちがそうであったように、繋げることが大切だと感じています。

東日本大震災からまもなく5年。その中で私たちにできることは『悲惨な福島』ではなく『素晴らしい福島』の姿の発信です。ただ自分たちが好きでやっていた和太鼓活動を、いつも笑顔で応援してくださる方々がいます。だからこそ、震災後もこうして楽しく太鼓が打てているのです。そういった方々の思いもあって、私たちのオリジナル曲はできあっがっています。それは、奇跡であり、魂であり、素晴らしい福島の姿に繋がると信じています。今こそ感謝の思いを込めて発信するときです。

仲間と夢に向かい、福島の地で生きている子供たちがいるということ、その姿を私たちの演奏を通して、ご縁が繋いでくれたミシガンの方に届けたいと思っています。この活動を、より多くの方に知っていただければ幸いです。

新着情報一覧へ