READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

あなたも盲導犬もハッピーに!私たちに"1年間"お付き合いください!

あなたも盲導犬もハッピーに!私たちに"1年間"お付き合いください!

支援総額

910,000

目標金額 750,000円

支援者
94人
募集終了日
2022年4月13日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

 

 ■ご存じですか?お買い物で盲導犬を応援できるんです!■ 

 

 

使ってワクワク、贈ってウキウキ。

楽しい気分で選んで使うことが、誰かのためになる。

 

そんなチャリティーグッズが、ここにはあります。

 

 

楽しいお買い物を通じて盲導犬が応援できる方法を一人でも多くの方に知って欲しくて、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

---

 

ページをご覧いただきありがとうございます。

一般社団法人盲導犬総合支援センター、広報担当の岩間智美(いわまさとみ)です。

私たちは、盲導犬をはじめとする補助犬の育成支援、そして障がい者の社会参加を応援する活動をメインに行っている社団法人です。

 

主に、2つの取り組みを行っています。

  1. 盲導犬ユーザーと盲導犬の生活をちょっと豊かにするサポート活動
  2. 盲導犬が広く親しまれることで、社会の関心を高める活動    

 

サポート活動では、日本全国の約7割の盲導犬ユーザーが、私たちのサービスを活用されています。

さらに、チャリティーグッズなどを通じて、多くの方に盲導犬応援の輪を広げることも大切な活動となっています。

グッズを手に取って下さった方にも喜んでもらえるよう、チャリティーグッズのデザインやクオリティにもこだわっています。

 

たとえば、今回返礼品としてお届けするのは、Tシャツとピンバッジ。

こちらがTシャツ。

女性がライトグリーンのTシャツを着ている。胸元にロゴと、ブラックラブの子犬のイラスト。

 

こちらがピンバッジ。(ブラックラブ・イエローラブよりおひとつお選びいただきます)

手の平にブラックラブのピンバッジが乗っている。パピーがハーネスを持っているデザイン。

 

沢山の方に気に入っていただけるチャリティーグッズを目指し、応援者の皆さまにもハッピーを届けながら盲導犬応援の輪を広めています。

 

 

 ■私たちに1年間お付き合いください!■ 

 

今回の返礼品は、通販サイト「盲導犬サポートSHOP」で募集している「盲導犬サポートSHOPファンクラブ」へお申込みいただいた方へお渡ししている、Tシャツとピンバッジです。

Tシャツとピンバッジを会員の証としてお申込み時にお渡しし、翌年1月まで私たちの活動のお知らせをお送りしています。

 

継続的に私たちの活動について知っていただくことで、ぜひ盲導犬を身近に感じてほしいと思っています!

 

 

●今回のプロジェクトを支援すると、1年間どのようなことがあるの?

 

①ファンクラブレターをお届け(年4回)

盲導犬を支援する企業との取り組みや、チャリティーグッズの制作裏話など、盲導犬応援の輪の広がりを感じていただける活動報告をお届けします。

 

こちらは過去の活動報告です。

ファンクラブレター画像

 

②盲導犬デザインのクリスマスカードでごあいさつ

2020年と2021年のクリスマスカード。盲導犬がメインで描かれている。

 

さらに、盲導犬応援の輪を一緒に広めてほしいから、チャリティーグッズをお買い物の際にもお得な特典がございます!

(※盲導犬サポートSHOPでの会員IDを発行させていただきます)

 

③送料1年間ご優待!!

通常時、お買い物金額に関わらず送料660円(税込)のところ

ファンクラブ会員さまは2022年末まで、お買い物合計金額5,500円(税込)以上で日本全国送料無料

※ヤマト便ご希望の場合および海外への発送は有料

 

④お買い物をすると、プチプレゼントが必ずついてくる!

プチプレゼント一例。メモやシールの画像。

画像は一例です。毎回、何が届くかはお楽しみに!

 

 

 ■1年間のお付き合いが、こんな応援につながります!■ 

 

 1,盲導犬ユーザー、ボランティアのみなさんと盲導犬の生活をちょっと豊かにするサポート活動 

 

■盲導犬との生活グッズを、便利にお届け!

 

私たちは、全国の盲導犬ユーザー、育成に関わるボランティアと犬たちとの暮らしをサポートするため、ドッグフードや飼育用品を安価で便利に、そして迅速にいつもの安心と安全を提供しています。

ご利用いただいている盲導犬ユーザー・ボランティアの数は、なんと1200名以上!

 

1200名全ての方の情報をスタッフ間で共有することで、「便利な購入」を実現しています。

 

  • 一緒に暮らしている犬の情報(生年月日・体重・服のサイズ)
  • 使用しているドッグフード                
  • よく購入される犬グッズ                 
  • 服の採寸情報(袖・胴の長さ、裾ゴムの調整など)     

そのためお電話でお名前を言っていただくだけで、スムーズに必要なドッグフードや消耗品のご案内が可能です。

 

また、メーカーの急な欠品や災害など有事の際にも安定してお届けできるよう、配送倉庫には購入履歴をもとに約1.5か月分のドッグフードを保管しており、盲導犬との生活におけるライフラインの役割を果たしています。

ドッグフードの倉庫画像。大きな袋のフードが積み上げられ、ぎっしりと並んでいる。

 

 

服の採寸情報は、犬の身体の汚れ防止やユーザーの服などに毛がつかないよう着せることもある、盲導犬のために開発された洋服の制作に必要です。

全身を覆う四つ足の洋服のため、歩いている時に足が抜けたり、服を踏んだりしては大変危険です。

足の長さや体の大きさも一頭一頭違うため、この盲導犬は裾のゴムをキツめに、この子は胴を長めに、などを皆で共有することで、スムーズに制作・お届けができるのです。

 

 

■届いた後もスムーズに!

ドッグフードや犬グッズの出荷の際にも、私たちのノウハウを生かしています。

同じ形でラベルの色が違うボトルが2つ。片方にワゴムが付けられている。

  • スプレーボトルなど、形が似ていて中身が違うものは、片方に輪ゴムを付けることで触って分かりやすく
  • 細かいものはひとつの袋にまとめ、探す手間を省く
  • ドッグフード梱包の際、大きな段ボールは処分に手間がかかるため、ビニール袋を使用

ちょっとした工夫ですが、盲導犬ユーザーの視点に立った分かりやすい梱包方法を心掛けることで、手元に届いた際にもストレスなく使用していただけます。

 

 

■盲導犬に便利な犬グッズを生み出しています!

チャリティーグッズの企画販売により生まれた数百のメーカーとのつながりを活かし、盲導犬との生活がより便利に、豊かになる犬グッズ開発も行っています。

過去にはこのようなグッズを開発しました。  

 

〇暑さ対策グッズ

ゴールデンレトリーバーが首にスヌードを巻いている写真。

盲導犬ユーザーに限らず、犬と暮らす方たちの多くは、夏の暑さ対策に試行錯誤しています。

しかし、大型犬用の暑さ対策グッズは種類も少ないため、犬用ベッドなどのチャリティーグッズを制作しているメーカーと共同で、保冷剤を入れて首回りを冷やせるスヌードや、持ち運びにも便利な接触冷感マットを開発しました。

 

〇夜間の歩行に便利な反射グッズ

犬が反射マントを着て座っている。隣には人。光る前と光った後の比較画像。

夜間、ライトや反射材を身に着けて歩いている盲導犬ユーザーは多いです。

しかし安全のために様々な対策をされていても、夜道を歩くことへの不安も多いはず…。

そこで、人にも犬にも安全を届けられる商品で夜間の歩行をサポートするため、メーカーと共に開発を行いました。

盲導犬ユーザーとメーカー。両者とのつながりがあるからこそできる支援活動です。

 

■情報発信にも一工夫

〇メールマガジンの場合

盲導犬ユーザーの中には、音声読み上げ機能を活用してメールのやり取りをされる方もいます。 そのため、情報発信に利用するメルマガでは、読み上げた時に分かりやすいような文面、読み上げミスが発生しない表現を心がけ、テキストを作成しています。

 

 

〇対面・電話の場合

例えば洋服の柄の説明をする際には、「全体の色、模様の入り方、模様の詳細」といった見た目や、使用方法をイメージしやすいよう工夫をしながら、スムーズにお買い物いただけるように説明を行っています。

スタッフの手元アップ。片手で受話器を持ち、もう片方の手は洋服の生地を触っている。

 

 

 2,盲導犬が広く親しまれ、社会の関心を高める活動 

 

■「盲導犬と一緒だから大丈夫」にちょっと待った!

「盲導犬を連れた方には、お手伝いの声掛けは不要だと思っていた」

私たちの元にも、よくこのような声が届きます。

ですが、盲導犬ユーザーがお困りの様子の時は、迷わず声を掛けていただきたいのです。

 

でも、どうやって声を掛ければ良いの? という疑問に答えるため、「盲導犬ユーザーへのお手伝いの方法が分かる『声かけパンフ』」の制作・配布を行っています。

 

声かけパンフ表紙画像。タイトル、見守ってくれてありがとう。でもあなたのひとことでもぉ~っとハッピー

 

 

 なぜお手伝いが必要なのか、知ることができる! 

パンフ中画像。盲導犬のお仕事や、ユーザーと盲導犬がどのように歩いているかの説明ページ。

「そもそも盲導犬って実際には見た事はないし、実はよく知らないかも…」という方にも、盲導犬ができることや、なぜ盲導犬ユーザーが困ることがあるのかが、これを読めば分かります!

 

 「そっと見守る」その先のひとことが分かる! 

パンフ中面続きの画像。声の掛け方が紹介されている。

困ることがあると分かっても、「どうやって声を掛けたらよいのか分からない」「声を掛けた後、どうしたらよいのか分からない」など、イメージが湧かないという声を聞きます。

このような疑問を解決するため、お手伝いの始まりからお別れまでをステップ形式で紹介しています。

 

 盲導犬ユーザーの体験談で理解が深まる! 

 

 

盲導犬ユーザーが実際に体験した、うれしかった声かけエピソードを紹介しています。具体的なエピソードで「こんな時に困ることがあるのか!」と実感していただけます。

 

声かけパンフは今まで全国に80万部配布し、現在も活動を広めています。

盲導犬ユーザーへのお手伝いの方法を知っている方が増えれば、それだけ盲導犬ユーザー自身の安心にもつながります。

安心して歩けることはもちろん、盲導犬と一緒にもっともっとお出かけを楽しめる社会を目指していきたいと思っています。

 

■かわいいグッズで、盲導犬が社会に広く親しまれてほしい!

チャリティーグッズの写真。クッキー缶とお茶が並ぶ。

ハーネスを付けた盲導犬のかわいいチャリティーグッズが世に広まることで、盲導犬への関心を高めたい。

その思いで、犬が好きな方をはじめ多くの方に喜ばれるチャリティーグッズを目指して商品開発を行っています。

最近では、贈り物にチャリティーグッズを選ばれる方も増えてきました。

贈り物を受け取った方より、声かけパンフについての問い合わせをいただくなど、グッズを通じた輪の広がりを実現しています。

 

■「盲導犬と一緒でも、気兼ねなく旅をしたい!」を叶えます!

リンゴ狩りをしている写真。

盲導犬と一緒に、その土地ならではの楽しみをめいっぱい体験したい!

盲導犬ユーザーの皆さまからの声にお応えして、現地の観光先や旅館と連携し、旅行を主催しています。

 

参加された盲導犬ユーザーからは、このようなお声をいただきました。

「犬もいるし、旅先で温泉があっても入れると思ってなかったから、温泉に浸かれてうれしかった。」

「自分だけでは出来ないような畑の収穫体験などもあり、こんなこともやるの!とはじめは驚いたけどとってもうれしかった。」

「浴衣を着て、盲導犬と一緒に座敷で夕食をとれて良かった!」

 

また、一般の方も一緒に参加いただくツアーにすることで、盲導犬ユーザーと盲導犬を知り、身近に感じていただくきっかけにもなっています。  

※新型コロナウイルスの流行により、2020年より開催を中止しています。

 

 

私たちの想い

グッズを購入することで、応援者の皆さまにも楽しんでいただき、それが盲導犬の応援になる。

みんながハッピーになれるような応援方法を広めていくことが、私たちの活動の継続につながります。

 

より多くの方に盲導犬を身近に感じていただくことで、盲導犬ユーザーと盲導犬が、より安心安全に、そして何より楽しく歩ける社会にまた一つ近づくことを願って、私たちは活動を続けています。 

盲導犬ユーザーと盲導犬のより豊かな生活と、安心安全に歩ける社会に向け、私たちと一緒に継続した応援をよろしくお願いいたします!

プロジェクト実行責任者:
岩間 智美(一般社団法人盲導犬総合支援センター)
プロジェクト実施完了日:
2022年5月10日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

支援金は、活動資金として大切に使わせて頂きます。 ■盲導犬ユーザーやボランティアの支援費(全国の盲導犬ユーザーへ送るドッグフードなどの発送費。目の見えない、見えにくい方にも分かりやすい情報配信にかかるシステム保守料。盲導犬ユーザーへの案内をスムーズにするための情報管理諸費。非常時に備えた備蓄(約1.5か月分)も含めたドッグフード保管料。大型犬である盲導犬に特化した犬グッズの情報収集や、盲導犬ユーザーにも使いやすいグッズの開発費。ユーザーが盲導犬と気兼ねなく楽しめる旅行の企画・運営費。上記活動に付随する人件費等)■盲導犬ユーザーがより安心安全に歩ける社会を目指すための活動費(お手伝いの声掛けを広めるための声かけパンフの印刷費、通信費または広報費。物販イベントで盲導犬応援を広めるための活動費。盲導犬ユーザーと盲導犬の生活を身近に感じてもらうための取材・記事作成。上記活動に付随する運営費・人件費等)■盲導犬応援の輪を広め、盲導犬の認知拡大のためのチャリティーグッズ開発・運営費(チャリティーグッズの企画開発費 。販売のためのシステム利用料。全国の利用者への発送作業費)

プロフィール

岩間 智美(一般社団法人盲導犬総合支援センター)

岩間 智美(一般社団法人盲導犬総合支援センター)

私たちは、チャリティーグッズ販売やイベントなどのビジネス活動を通じて、目や体に障がいのある方への支援、そして、そのパートナーである補助犬の育成を支援する団体です。

リターン

5,000


ファンクラブで応援!(Tシャツ&ピンバッジ)

ファンクラブで応援!(Tシャツ&ピンバッジ)

盲導犬の応援につながる「盲導犬サポートSHOPファンクラブ」セットをお届けします。

■Tシャツ
ブラックラブがアクセントの、皆さまへ感謝の気持ちを込めたメッセージがデザインになったTシャツです。

4サイズ(S~XL)

着丈×身幅
S:65×49、M:69×52、L:73×55、XL:77×58(cm)

■ピンバッジ
サイズもかわいいパピーのピンバッジ
全2色(イエローラブ、ブラックラブ)よりおひとつ
サイズ(約):横1.7×縦1.6cm

■お礼のお手紙

■2023年1月まで、活動報告や最新カタログをお届け(4回)

支援者
51人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

10,000


ファンクラブで応援!+チャリティークッキー

ファンクラブで応援!+チャリティークッキー

盲導犬の応援につながる「盲導犬サポートSHOPファンクラブ」セットをお届けします。

■Tシャツ
ブラックラブがアクセントの、皆さまへ感謝の気持ちを込めたメッセージがデザインになったTシャツです。
4サイズ(S~XL)
着丈×身幅
S:65×49、M:69×52、L:73×55、XL:77×58(cm)

■ピンバッジ
サイズもかわいいパピーのピンバッジ
全2色(イエローラブ、ブラックラブ)よりおひとつ
サイズ(約):横1.7×縦1.6cm

■チャリティークッキー缶 2種
ギフトとしても人気のクッキー缶です。
(賞味期限:お届けより1か月以上)

■お礼のお手紙

■2023年1月まで、活動報告や最新カタログをお届け(4回)

支援者
41人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

30,000


ファンクラブで応援!+チャリティースイーツ詰め合わせ

ファンクラブで応援!+チャリティースイーツ詰め合わせ

盲導犬の応援につながる「盲導犬サポートSHOPファンクラブ」セットをお届けします。

■Tシャツ
ブラックラブがアクセントの、皆さまへ感謝の気持ちを込めたメッセージがデザインになったTシャツです。
4サイズ(S~XL)
着丈×身幅
S:65×49、M:69×52、L:73×55、XL:77×58(cm)

■ピンバッジ
サイズもかわいいパピーのピンバッジ
全2色(イエローラブ、ブラックラブ)よりおひとつ
サイズ(約):横1.7×縦1.6cm

■チャリティークッキー缶 2種
■ひとくちようかん5種セット
■榮太樓飴
ギフトとしても人気のスイーツ詰め合わせセットです。
(賞味期限:お届けより1か月以上)

■お礼のお手紙

■2023年1月まで、活動報告や最新カタログをお届け(4回)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

50,000


BIG★ファンクラブで応援!コース

BIG★ファンクラブで応援!コース

盲導犬の応援につながる「盲導犬サポートSHOPファンクラブ」セットをお届けします。

■Tシャツ
ブラックラブがアクセントの、皆さまへ感謝の気持ちを込めたメッセージがデザインになったTシャツです。
4サイズ(S~XL)
着丈×身幅
S:65×49、M:69×52、L:73×55、XL:77×58(cm)

■ピンバッジ
サイズもかわいいパピーのピンバッジ
全2色(イエローラブ、ブラックラブ)よりおひとつ
サイズ(約):横1.7×縦1.6cm

■お礼のお手紙&感謝状

■2023年1月まで、活動報告や最新カタログをお届け(4回)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

プロフィール

私たちは、チャリティーグッズ販売やイベントなどのビジネス活動を通じて、目や体に障がいのある方への支援、そして、そのパートナーである補助犬の育成を支援する団体です。

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
現在
89人
元気にな~れ こどもたち 小児がん「ドラッグラグ」緩和への一歩を のトップ画像

元気にな~れ こどもたち 小児がん「ドラッグラグ」緩和への一歩を

元気にな~れ こどもたちプロジェクト 元気にな~れ こどもたちプロジェクト

#子ども・教育

81%
現在
8,145,000円
支援者
493人
残り
14日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする