こんにちは、藤﨑です。

 

今日はシャプラニールの事務局長小松豊明(こまつとよあき)からの動画メッセージをご紹介します。

 

小松さんは2001年にシャプラニールに入り、クラフトリンク(フェアトレード部門)、ネパール事務所長、東日本大震災後の緊急支援及びいわき事務所長を経験し、現在事務局長兼2度目のネパール事務所長として活躍しています。

 

サイクロンの被害が大きいバングラデシュバゲルハット県訪問中の一コマ。黄色いスカーフを巻いているのが私、チェックのシャツを着ているのが小松さん。

 

 

 

音楽をこよなく愛し、私が初めてバングラデシュへ駐在することになった時の壮行会では、「シャプラ号に乗って」というオリジナルソングをギターで弾き語りしてくれたことを昨日の様に覚えています。

 

いつからか、ダイエットのために朝と昼を食べない生活をしている小松さんですが、今年3月にネパールへ赴任してからというもの、ネパールのご飯が美味しくて少しずつ太ってきたんだとか。

 

ネパールでも、2015年4月25日に起きた大地震以降、児童労働に従事する子どもが増えていると言われています。バングラデシュもネパールも日本も、子どもの権利を守るには、大人の意識を変えていかなくてはいけません。

 

バングラデシュの家事使用人の少女へ教育を!

支援よろしくお願いします。

新着情報一覧へ