READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

過酷な児童労働からの解放へバングラデシュの少女たちに教育を!

過酷な児童労働からの解放へバングラデシュの少女たちに教育を!

支援総額

3,596,000

目標金額 3,100,000円

支援者
285人
募集終了日
2016年12月20日
プロジェクトは成立しました!
33お気に入り登録33人がお気に入りしています

終了報告を読む


33お気に入り登録33人がお気に入りしています
2018年10月18日 11:41

全国5か所で開催!家事使用人として働く少女の今をお伝えします

こんにちは、藤﨑です。 すっかり肌寒くなり、秋の到来を感じている今日この頃。 衣替えもやっとすませ、これからの冬に備えます。 さて、シャプラニールでは、家事使用人として働く少女たち…

もっと見る

2018年06月09日 17:28

児童労働反対月間!バングラデシュのカレーを作ってみませんか?

こんにちは。藤﨑です。 各地で梅雨入りのニュースが報じられる時期となりました。一般的に嫌われる梅雨ですが、バングラデシュの空気を思い出してちょっと嬉しくなります。 シャプラニー…

もっと見る

2018年01月25日 10:43

あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン実施中

こんにちは。藤﨑です。 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 みなさまのお手元に、宛名を書き損じたはがきや、余った年賀はがきはありませんか? シャプラニールでは2018年3…

もっと見る

2017年11月17日 16:26

NGOと企業の協働の可能性~シャプラニール×三菱商事 参加者募集

皆さまこんにちは。シャプラニールの藤﨑です。 10月24日の新着記事でもご案内しましたが、シャプラニールではこの秋、さまざまな切り口から児童労働について学ぶ連続講座を全5回にわ…

もっと見る

2017年10月24日 16:24

連続講座「学びカフェ~わたしたちと児童労働~」参加者募集!

こんにちは。シャプラニールの藤﨑です。 寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 …

もっと見る

2017年06月21日 15:15

【現地活動報告会】本日最終公演です!

みなさまこんにちは、シャプラニールの藤﨑です。 6月3日から始まった全国キャラバンですが、本日6月21日(水)【小倉講演(北九州市)】が最終日となります(詳細はコチラ)。 今日…

もっと見る

2017年06月02日 11:47

バングラデシュスタッフ到着 現地活動報告会が始まります!

こんにちは。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 シャプラニールの藤﨑です。 昨日6月1日に、シャプラニール バングラデシュ事務所で家事使用人の少女支援事業を担…

もっと見る

2017年04月28日 15:10

新センター「ショバンバーグヘルプセンター」が遂にOPEN!!

こんにちは、シャプラニールの藤﨑です。 既にタイトルでお気づきかとは思いますが、遂に新しいヘルプセンターを4月22日(土)にダッカ市内のショバンバーグに開設することができました…

もっと見る

2017年04月15日 17:24

間もなく新規ヘルプセンターがオープンします!

みなさん、こんにちは。藤﨑です。 3月17日の新着情報でヘルプセンター開設に向けて準備を進めています、とお伝えしましたが、一歩前進がありました。 新しいセンターを開こうとし…

もっと見る

2017年03月10日 16:36

新規ヘルプセンター開設に向けて準備が進んでいます

みなさん、こんにちは。藤﨑です。 先週、バングラデシュへ出張し、2017年度にヘルプセンターを開設する予定地域を訪問してきました。進捗状況は書類などで確認していましたが、やはり…

もっと見る

2016年12月20日 17:01

【終了まであと6時間】ダッカ事務所の喜びの瞬間

みなさんこんばんは、藤﨑です。 11月1日に始まったクラウドファンディングへの挑戦もあと6時間で終了です みなさまのおかげで、当初の目標の310万円、さらにはネクストゴールとし…

もっと見る

2016年12月19日 10:06

【終了まであと1日】家事使用人として働くジョバさんの物語

こんにちは。クラウドファンディングへの挑戦も、残すところあと1日となりました。 ネクストゴールへの呼びかけに応えてくださった皆さま、ここまで支えてくださった全ての皆さまに、改めて心…

もっと見る

2016年12月18日 18:07

【御礼】ネクストゴール350万円達成!応援ありがとうございます

こんにちは、藤﨑です。 本日18日、みなさまのご支援と応援により、ネクストゴールを達成することができました!!この場をお借りして、みなさまに心より感謝申し上げます。暖かいお気持…

もっと見る

2016年12月17日 18:29

【残り3日】少女が働かない社会を目指し、今、動きを加速します

こんばんは、シャプラニールの勝井と申します。普段はシャプラニールで海外事業を担当しており、今回のクラウドファンディングの挑戦チームのメンバーです。 先ほど、今回のReadyFo…

もっと見る

2016年12月17日 10:44

【残り3日】少女シャファリが得た自信、将来への力

こんにちは、クラウドファンディングの挑戦も残すところ、あと3日となりました。今日まで276名の方々に、この長時間で密室の労働環境で働くバングラデシュで少女たちの今、そして未来を変え…

もっと見る

2016年12月15日 16:55

【センターで出会った少女たちStory10】夢は先生になること

こんにちは。 今日ご紹介するのは、ヘルプセンターで出会ったモニジャさんという11歳の家事使用人の女の子です。 彼女はダッカから200㎞ほど北西の村に住んでいましたが、父親がロー…

もっと見る

2016年12月14日 17:16

動画メッセージ ダッカ事務所スタッフ マフザ

こんにちは、藤﨑です。 今日は、シャプラニールダッカ事務所のスタッフ、マフザ・パルビンからの動画メッセージをお届けします。 マフザは今回Readyforで支援を募っている家…

もっと見る

2016年12月13日 19:08

農村から家事使用人として働く少女が送られないように

こんばんは、藤﨑です。 これまでご支援くださった方の想いを胸にネクストゴールに挑戦することと決めました。その追加の資金(40万円)の活用方法であるコミュニティラジオについてより…

もっと見る

2016年12月11日 09:47

応援メッセージ ピン芸人 たかまつななさん

こんにちは、藤﨑です。 みなさまの温かい応援のおかげで、今朝77%まで支援の輪が広がっています。温かい応援、本当にありがとうございます。 今日は、ピン芸人かつお笑いジャーナリス…

もっと見る

2016年12月10日 09:50

私は働く13歳―家事使用人の少女 サディアちゃん

こんにちは、藤﨑です。 今日は、9月に訪問したアラムバーグヘルプセンターに通う少女、サディア・アクタールちゃん(13歳)へのインタビュー動画をご紹介します。 インタビューでは、…

もっと見る

2016年12月09日 15:37

ボランティアの皆さんに支えられて進んでいきます

こんにちは、藤﨑です。 シャプラニールの社会人ボランティアグループのクシクシ倶楽部の皆さんもこの挑戦を応援してくれています。 クシクシ俱楽部は月に数回、主に土曜日に集まって…

もっと見る

2016年12月09日 10:27

【センターで出会った少女たちStory9】わたしもやればできる!

こんにちは、藤﨑です。 今日ご紹介するのは、ルナさんという15歳の家事使用人の女の子です。 両親と一緒に村に住んでいましたが、小学2年の進級試験に失敗して母にひどく叱られました…

もっと見る

2016年12月08日 17:00

女の子にとって大切なこと

こんにちは、藤﨑です。 今日でクラウドファンディング終了まで2週間を切り、残り12日となりました。11月1日に挑戦を始めてから早いもので38日が過ぎ、既に213名の方にご支援をいた…

もっと見る

2016年12月08日 09:55

【ちょっと寄り道バングラデシュ】市場は男性だらけ?!

こんにちは。 今日は少女たちの暮らすバングラデシュのお買い物事情をご紹介したいと思います。 バングラデシュにも日本のようなスーパーマーケットができていますが、多くの人は市場を利…

もっと見る

2016年12月07日 17:00

河の国では川魚が主流です

日本人は魚をよく食べますね。バングラデシュの人たちも魚が好きです。カレーの具材としても魚がよく食べられます。 しかし、日本で食べるようなマグロやカツオを食べているわけではありま…

もっと見る

2016年12月07日 10:09

すごろくで保健衛生!

ヘルプセンターでは遊びながら保健衛生を学ぶ時間もあります。私が訪問したある日は、小学校低学年ぐらいの女の子たちがすごろくで保健について勉強していました。 すごろくのマスひとつひ…

もっと見る

2016年12月06日 13:42

【センターで出会った少女Story8】雇い主の変化

こんにちは。今日紹介するのはシュミさんという12歳の女の子です。 彼女には結婚しているきょうだいが2人いますが、実家の家計を助けるほどの余裕がないため、生活費に困った両親はシュ…

もっと見る

2016年12月05日 16:58

車の大洪水?!首都ダッカのお悩み

バングラデシュの首都ダッカには非常にたくさんの人が住んでいます。 ダッカ県の人口は1,800万人いると言われており、面積は1,500平方キロメートルほどです。 日本で一番面積の…

もっと見る

2016年12月05日 10:14

年に一度のスポーツ大会

みなさんは、運動会の思い出はありますか? かけっこで一番になった、リレーで転んで大泣きしたとか、もしくはお弁当の時間しか覚えていないというツワモノもいるかもしれません、センター…

もっと見る

2016年12月04日 19:27

私が発見したバングラデシュ シャプラニール職員 柳下優美

みなさん、こんにちは。 シャプラニールの柳下(やぎした)です。 「過酷な児童労働からの解放へ バングラデシュの少女たちに教育を!」の呼びかけ人、藤﨑さんとともに、バングラデシュ…

もっと見る

2016年12月03日 16:22

応援メッセージ(株)リバースプロジェクト 代表伊勢谷友介さん

こんにちは、藤﨑です。 今日は2014年より、家事使用人として働く少女支援にご協力いただいている株式会社リバースプロジェクトのみなさんより頂いた応援メッセージをご紹介します。 …

もっと見る

2016年12月02日 18:23

【センターで出会った少女Story7】お母さんのような先生

こんにちは、藤﨑です。 センターに出会って人生が変わった女の子たちを紹介します。今日紹介するのはノミタさん(17歳)という女の子です。 「弟2人と妹がいます。私が12才の時…

もっと見る

2016年11月30日 17:00

少女たちの将来を支えるヘルプセンターのスタッフ

今回は、アラムバーグヘルプセンターのスタッフ、フォリダさんとロジナさんをご紹介します。 まずは、二人からの動画メッセージをご覧ください。 センターでは、フォリダさん…

もっと見る

2016年11月29日 17:00

【センターで出会った少女たちStory6 】

家事使用人を卒業しました! こんにちは。今日センターに出会って人生が変わった女の子たちを紹介します。シュリピさん(15歳)は家事使用人を卒業した女の子の一人です。 彼女は1…

もっと見る

2016年11月28日 16:30

料理を学ぶことも生活するために必要なこと

 少女たちがヘルプセンターで楽しみにしていることのひとつに料理教室があります。料理は火や包丁を使用するなど危険が伴います。けがなどの危険を防ぐだけでなく、ミスを理由に雇い主に怒られ…

もっと見る

2016年11月28日 10:03

【ちょっと寄り道バングラデシュ】紅茶のお供はカレー味

今回はバングラデシュを代表するスナック菓子「チャナチュール」を紹介します。炒り米や揚げたヌードル、ひよこ豆やピーナッツなどの豆類をつぶして油で揚げたものがスパイスを使いピリッと辛い…

もっと見る

2016年11月27日 16:06

動画メッセージ ダッカ事務所スタッフ アティカ

みなさん、こんにちは。 藤﨑です。今日はダッカ事務所のアドボカシーオフィサー(啓発運動担当)アティカからの動画メッセージをお届けします。アティカは家事労働をする少女たちの未来を切り…

もっと見る

2016年11月26日 15:11

【センターで出会った少女たちStory5】使用人を卒業し小学校に。

こんにちは。 今日はセンターに出会って人生が変わった女の子を紹介します。 サルマさん(12歳)は、家事使用人をやめて学校に通い始めた女の子です。 サルマさんのお父さんは…

もっと見る

2016年11月26日 13:17

ご支援ありがとうございます!目標50%突破!

こんにちは、藤﨑です。 今日11月26日10時の時点で目標額の50%を達成することができました。昨日の夕方までは36%でした。その後38名の方がご支援をしていただいたことで50…

もっと見る

2016年11月25日 17:45

魅力的な理事のみなさんと一緒に支援活動を進めています!

こんにちは、藤﨑です。 シャプラニールは名前「市民による海外協力の会」のとおり、理事会の方々もさまざまなバックグラウンドを持ってらっしゃる魅力的な方々ばかりです。毎月開かれる理…

もっと見る

2016年11月25日 10:02

どうして家事使用人として働くのか

こんにちは、藤﨑です。 昨日は寒かったですね。バングラデシュから帰任して初めての冬、そして雪です。新鮮でしたがついつい「寒い、寒い」と言ってしまっていました。みなさんはいかがだった…

もっと見る

2016年11月24日 17:08

応援メッセージ 山野良一さん(名寄市立大学教授)

みなさん、こんにちは。藤﨑です。 いつも新着情報を読んでいただき、ありがとうございます! 今日は、子どもの貧困や保育の問題について研究されている山野良一さん((「なくそう!…

もっと見る

2016年11月24日 10:19

ヘルプセンターのある街「アラムバーグ」

今回は少女たちが通うヘルプセンターがあるダッカ市内の「アラムバーグ」という街を紹介します。 中流世帯が多く住むこの街のそばには、800世帯ほどが生活する低所得者層居住区がありま…

もっと見る

2016年11月22日 18:40

応援メッセージ 渡辺麻恵さん

こんばんは、藤﨑です。 本日、目標金額の30%を達成しました! 先週末に多くの方がこのページを訪問して支援してくださってできた達成です。個別に応援のメールなどをくださる方もいて…

もっと見る

2016年11月22日 11:35

バングラデシュ人の足、リキシャとは?

みなさんは「リキシャ」を知っていますか?  日本の人力車を想像した方は勘がいいですね。まさに日本でいう人力車のことです。 カラフルなリキシャとリキシャ乗り ©Atsuish…

もっと見る

2016年11月21日 16:59

【応援メッセージ】文京学院大学教授 甲斐田万智子さん

こんにちは、藤﨑です。 今日は、文京学院大学教授、及びNPO国際子ども権利センター(C-Rightsシーライツ)代表理事をされている甲斐田万智子さんからの応援メッセージをご紹介…

もっと見る

2016年11月21日 10:03

動画メッセージ シャプラニール事務局長 小松豊明

こんにちは、藤﨑です。 今日はシャプラニールの事務局長小松豊明(こまつとよあき)からの動画メッセージをご紹介します。 小松さんは2001年にシャプラニールに入り、クラフトリ…

もっと見る

2016年11月20日 10:06

家事使用人の少女からご挨拶♪

9月に訪問したアラムバーグ・ヘルプセンターの少女たちから、挨拶動画が届きました! この日は6~13歳までの少女たちが真剣に学んでいました。 時折先生に甘える様子に、…

もっと見る

2016年11月19日 10:35

サビハちゃんの一日

今日はダッカ市内のミルプールで家事使用人として働く11歳の少女、サビハちゃんをご紹介します。両親は近くのスラムに住んでいますが、サビハちゃんは雇い主の家に住み込みで働いています。 …

もっと見る

2016年11月18日 17:16

【応援メッセージ】一般社団法人シェア・ザ・プラネット筒井さん

みなさん、こんにちは。藤﨑です。今日は筒井さんから応援メッセージをいただきましたので、ご紹介したいと思います。 ベンガル語でバングラデシュの人たちと談笑する筒井さん(C)Ats…

もっと見る

2016年11月18日 12:03

今だから、家事使用人として働く少女への支援を加速させたい!

こんにちは、藤﨑です。 バングラデシュに33万人いると言われる家事使用人の中でも少女への支援活動を始めたのは2006年。それから10年が経ちました。 私たちの活動はヘルプセ…

もっと見る

2016年11月17日 18:36

なぜ、バングラデシュでの活動を続けるの?危険じゃないの?

7月のダッカ・カフェ襲撃事件の後、バングラデシュの活動を心配してくださる声をかけていただくことがあります。当時、私はダッカにいましたが、それでも日本で大々的に事件が取り上げられたこ…

もっと見る

2016年11月16日 17:26

20%達成御礼!でも、まだ道のりは遠く…ご支援お願いします!

皆さま、こんにちは、そしてありがとうございます! おかげさまで目標金額の20%を14日に達成することができました。 ご支援してくださった方、本当にありがとうございます。 団体名…

もっと見る

2016年11月15日 17:02

【ちょっと寄り道・バングラデシュ】女性のファッション

バングラデシュの女性のファッション バングラデシュの多くの人は伝統的な民族衣装を身にまとっています。最近は洋服を着る若い人もいますが、道を歩いていて洋服を着ている女性を見ること…

もっと見る

2016年11月15日 10:08

センターで出会った少女たちSTORY4―もっと勉強がしたい―

家事使用人をやめて学校に編入することができたシムさんという少女を紹介します。 シムさんが2才の時、両親は仕事を探して村からダッカに移り、彼女は10歳から12歳まで家事使用人として働…

もっと見る

2016年11月14日 16:17

応援メッセージ シャプラニール・ダッカ元駐在員 中森あゆみさん

こんにちは、藤﨑です。 家事使用人の少女たちへの支援が立ち上がるきっかけとなった、中森あゆみさんからの応援メッセージをご紹介します。 ストリートチルドレンの男の子たちと記念の1…

もっと見る

2016年11月14日 10:08

ある女性の個人的な体験から生まれたNGO「Phulki(フルキ)」

 前回、わたしたちのパートナー団体であるフルキの紹介をしましたが、今回はフルキの創設者であり、エグゼクティブ・ディレクターであるスライヤ・ホックさんをご紹介します。  スライヤ…

もっと見る

2016年11月13日 09:57

少女たちを一番近くで見ている現地NGOのPhulki(フルキ)とともに

ヘルプセンターの様子 ダッカ市内で家事使用人として働く少女たちを支援するこの活動は、Phulki(フルキ)という現地NGOとパートナーシップを組んで行っています。家事使用人として働…

もっと見る

2016年11月12日 17:02

【センターで出会った少女たちStory4】将来は仕立屋を開きたい

ロケヤさんはダッカで住み込みの家事使用人として働いている17歳の少女。今回は彼女のストーリーをご紹介します。 「私は15歳までは父と母、きょうだいの5人と村に住んでいました。父…

もっと見る

2016年11月12日 10:13

【応援メッセージ】子どもらしく生きて欲しい-坂口和隆-

こんにちは、藤﨑です。 私が所属するシャプラニールを古くから支え、元事務局長として活躍し、現在は日本NPOセンターのスタッフとして、日々市民活動に奮闘されている坂口和隆さんから…

もっと見る

2016年11月11日 17:12

【応援メッセージ】東京外国語大学講師の日下部さん

こんにちは、藤﨑です。 今日は、東京外国語大学世界言語社会教育センターで講師を務められている、日下部尚徳さんからの応援メッセージをご紹介します。 日下部さんは、大学生の頃からシ…

もっと見る

2016年11月11日 10:01

【センターで出会った少女たちStory3】納得するまで勉強したい

こんにちは、藤﨑です。 今日ご紹介する17歳の女の子ロヒマさんは家事使用人として働いていた10歳の時に、家族を説得してヘルプセンターに通い始めました。 彼女は家事使用人とい…

もっと見る

2016年11月10日 10:46

バングラデシュの伝統刺しゅう ノクシカタ

今回の5万円以上の支援をいただいた方へのリターンにもなっている「ノクシカタ」は、ベンガル地方(バングラデシュとインド東部を含む)に古くから伝わる、母から娘へ受け継がれてきた伝統刺し…

もっと見る

2016年11月09日 17:49

応援メッセージ シャプラニール・ダッカ元駐在員 植田貴子さん

いま見えている少女たちの未来は変えられる こんにちは、藤﨑です。 今日は、シャプラニール・ダッカ事務所元駐在員の植田貴子さんから応援メッセージが届きましたのでご紹介します。 …

もっと見る

2016年11月09日 11:48

応援メッセージ フォトグラファー亀山ののこさん

昨晩、トークイベント「写真家 亀山ののこが今、伝えたいこと」で今年の夏シャプラニールの取材とともに訪れたネパール大地震被災地のことのみならず、写真集「100人の母たち」、「9  憲…

もっと見る

2016年11月08日 17:07

路上生活の少女から学んだこと

今回は、私、藤﨑が出会った元ストリートチルドレンの女の子ハシナちゃんについてご紹介します。 2001年から2年半年、バングラデシュの首都にあるダッカ事務所へ赴任して以降、駐在員…

もっと見る

2016年11月08日 10:19

シャプラニール物語4 地域社会が変わった!

さて、具体的には私たちは、ストリートチルドレンのためのストリート・スクール(青空学級)とドロップ・イン・センター(宿泊できる児童館)の運営を始めました。ストリート・スクールは、毎日…

もっと見る

2016年11月07日 16:59

シャプラニール物語3ダッカへ、ストリートチルドレンとの出会い

シャプラニール物語1でお話ししたように、私たちシャプラニールの活動は農村から始まりました。1990年代になると首都ダッカを始めとした都市への人口移動が顕著になり、問題は農村だけでは…

もっと見る

2016年11月07日 10:06

シャプラニール物語2 主人公は誰?

こんにちは、藤﨑です。今日はシャプラニール物語1でお伝えした最初の失敗の後のお話です。 私たちは、貧しい人たちと同じものを食べ、同じ言葉を話し、生活を共にすることで、本当に必要…

もっと見る

2016年11月06日 10:58

シャプラニール物語1 失敗からの船出

今回は私たちシャプラニールという団体についてご紹介します。バングラデシュがパキスタンから独立した翌年1972年、日本の青年ボランティア50数名が「バングラデシュ復興農業奉仕団」とし…

もっと見る

2016年11月05日 17:30

【ちょっと寄り道・バングラデシュ】ごはんと言えばカレー!!

今回は、バングラデシュの食事についてご紹介します。 バングラデシュ人の食生活の大半を占めるのはカレーです。ベンガル語でトルカリと言います。 日本のカレーとは大きく違います。…

もっと見る

2016年11月05日 13:09

【センターで出会った少女Story2】 自分の夢が描けるように

こんにちは。今日、ご紹介するナハールさん(12歳)は今も雇い主の家で働いています。 お母さんに言われて、ダッカでお姉さんと同じように家事使用人として働きはじめました。7歳でした…

もっと見る

2016年11月04日 17:02

【応援メッセージ】聖心女子大学教授 大橋正明さん

みなさん、こんにちは、藤﨑です。 今日は、聖心女子大学教授 大橋正明さんからプロジェクトへの応援メッセージが届きましたのでご紹介します。 「生活が向上すれば、彼女たちが働か…

もっと見る

2016年11月04日 10:27

裁縫トレーニング、これからの生活に向けて

 クラウドファンディングから4日目。    すでに34名の方々に34万円を超えるご支援をいただいています。感謝の気持ちでいっぱいです。応援コメントの他にも個別に「共有するね」といっ…

もっと見る

2016年11月03日 18:00

【ちょっと寄り道 バングラデシュ2】バロ アチェン?

みなさんは「ベンガル語」を知っていますか? 日本ではあまり知名度の高い言語ではありません。冒頭の「バロ アチェン?」はベンガル語で「お元気ですか?」という意味になります。 実は…

もっと見る

2016年11月03日 10:00

【センターで出会った少女・Story1】将来は人の手助けをしたい!

  12歳の少女モリウムさんは少し前までは住み込みで働き、ヘルプセンターに通っていました。彼女は村に家族と住んでいましたが、お父さんが多額の借金を抱え、家の生活は苦しく、毎日3回の…

もっと見る

2016年11月02日 17:01

ちょっと寄り道バングラデシュ・1

みなさんはバングラデシュという国を知っていますか。今回は少女たちが暮らすバングラデシュについてご紹介します。 バングラデシュはインドの東側に位置する国で、人口は約1億6000万…

もっと見る

2016年11月02日 10:01

ヘルプセンターでは文字から学びます

ヘルプセンターに通う女の子たちの中には文字の読み書きができない子もいます。文字は彼女たちが生活する上で欠かせないものです。 彼女たちの母語はベンガル語といって、バングラデシュと…

もっと見る

2016年11月01日 17:01

なぜ女の子を支援するのか

本日プロジェクトが公開されました。バングラデシュの児童労働に従事している少女たちのためのプロジェクトです。本日から50日間どうぞよろしくお願いします。 どうして支援の対象が女の…

もっと見る

リターン

3,000

8c491ad665121927c653f635420e7a3e91aaf60c

感謝のメールをお送りします!

*心を込めた感謝のメール

支援者
148人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年4月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

バングラデシュの少女からの感謝の絵手紙をお送りします。

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)
*バングラデシュの少女たちからの絵手紙(画像はイメージです。)

支援者
56人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

10,000

alt

プロジェクト応援コース

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)

支援者
67人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

30,000

69d5bf57d7854bcfb50f743f92e08b3fc6086b5c

絵手紙に加え、書籍を贈呈します。

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)
*バングラデシュの少女たちからの絵手紙
*書籍『シャプラニール流人生を変える働き方』の贈呈

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

30,000

alt

プロジェクト応援コース

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

バングラデシュのフェアトレード商品をお送りします。

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)
*バングラデシュの少女たちからの絵手紙
*バングラデシュのフェアトレードの伝統刺しゅうノクシカタが施されたミニタペストリーまたはポーチ(写真はイメージです。)

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

50,000

alt

プロジェクト応援コース

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

バングラデシュの伝統民芸品「ノクシカタ」とビデオレターをお送りいたします。

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)
*バングラデシュの少女たちからの絵手紙
*ノクシカタ(バングラデシュの伝統刺しゅう・フェアトレード)
*現地日本人駐在員と少女たちからのビデオレター

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

100,000

alt

プロジェクト応援コース

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

300,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

支援者様のもとへ出張講演に伺います!

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)
*バングラデシュの少女たちからの絵手紙
*ノクシカタ(バングラデシュの伝統刺しゅう・フェアトレード)
*現地日本人駐在員と少女からのビデオレター
*支援者様のもとへ出張講演に伺います。
 (現地スタッフによる講演(日本語通訳スタッフ同行)を予定、1回、日本国内、日時はこちらで指定期間内で調整いたします。)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

300,000

alt

プロジェクト応援コース

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

500,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ヘルプセンターにお名前を掲示いたします!

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)
*バングラデシュの少女たちからの絵手紙
*ノクシカタ(バングラデシュの伝統刺しゅう・フェアトレード)
*現地日本人駐在員と少女からのビデオレター
*支援者様のもとへ出張講演に伺います。
 (現地スタッフによる講演(日本語通訳スタッフ同行)を予定、1回、日本国内、日時はこちらで指定期間内で調整いたします。)
*ヘルプセンターにお名前を掲示いたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

500,000

alt

プロジェクト応援コース

*心を込めた感謝のメール
*現地スタッフによる活動報告会(2017年度)へご招待
 (2017年6月予定)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

プロジェクトの相談をする