みなさんは「ベンガル語」を知っていますか? 日本ではあまり知名度の高い言語ではありません。冒頭の「バロ アチェン?」はベンガル語で「お元気ですか?」という意味になります。

 

実はベンガル語は母語話者数が世界第8位なのです!1億7000万人いると言われており、日本語よりも多いんです。具体的にどこで話されているかというと、バングラデシュとインドの西ベンガル州です。ではどのような文字で書かれているのかお見せしましょう。

 

 

これはヘルプセンターに通う少女たちの授業ノートです。これを書いた女の子の名前と、お父さんとお母さんの名前が書かれています。ころんとした可愛い文字ですよね。

 

バングラデシュ人は母語愛が非常に強いので、現地でベンガル語を少しでも話すと喜ばれますよ。

 

 

例えば、「アマル ナーム ○○→ 私の名前は○○です」

 

アバル デカホベ!(またお会いしましょう)

 

新着情報一覧へ