READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

原発被害者に寄り添う。第4回『原発と人権』交流集会in福島

「原発と人権」全国研究・市民交流集会 実行委員会

「原発と人権」全国研究・市民交流集会 実行委員会

原発被害者に寄り添う。第4回『原発と人権』交流集会in福島

支援総額

454,000

目標金額 400,000円

支援者
49人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

終了報告を読む


3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2018年06月07日 12:39

『経済』7月号 対談 登壇者 鈴木浩さん 第2分科会 除本理史さん

 

「原発と人権」集会の全体会にご登壇の鈴木浩さん(福島大学名誉教授・元福島県復興計画策定委員会委員長)と、第二分科会「原発災害と政策転換」担当の除本理史さん(大阪市立大学教授)の対談が、雑誌『経済』7月号(6月8日発売)に掲載されました!

対談のタイトルは「原発災害からの地域・ふるさとの復興」。
ぜひ、お手に取ってお読みください。

『経済』最新号のページはこちらです→ https://www.shinnihon-net.co.jp/magazine/keizai/current/

 

 

鈴木浩さんには、7月28日の「原発と人権」集会の全体会で、「現在の被害補償、復興政策の問題点と検討されるべき課題」のテーマで報告いただきます。
http://genpatsu-jinken.net/09event/index.html#2018

http://genpatsu-jinken.net/images/180509/04_jinken_panf.pdf

また、除本理史さん御担当の第二分科会の内容ご紹介は、以下の通りです。
・・・・・・・・・・・・・

 福島原発事故による被害の回復のためには、正当な賠償とともに「人間の復興」に向けた復興政策の見直しが不可欠です。また健康確保のための施策の改革なども求められます。本分科会では、第1日目全体会での被害回復に向けた政策的課題に関する報告・議論を受けて、上記の論点についてより具体的な検討を進めます。

 具体的には、①住民の健康調査や放射能測定、および②復興行財政の見直しを取り上げます。①については、医学的な知見ではなく、情報公開やリスクコミュニケーションなどの政策的視点から問題を検討します。また、市民、自治体による独自の測定や調査を通じて、政策的課題を考えていきます。②では、復興行財政の現状を明らかにするとともに、改革の方向性を検討します。

 三木由希子さん(情報公開クリアリングハウス)、村山武彦さん(東京工業大)、清水奈名子さん(宇都宮大)、井上博夫さん(岩手大学)他の登壇を予定しています。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

■3,000円A コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 入場チケット(当日受付にてお渡し)

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

3,000

■3,000円B コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 当日配布レジメ集

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

5,000

■5,000円A コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 入場チケット(当日受付にてお渡し)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

5,000

■5,000円B コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 当日配布レジメ集
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

10,000

■10,000円A コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 入場チケット(当日受付にてお渡し)
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

10,000

全力応援10,000円コース

【応援コース(報告書なし)】
・ご支援のお礼の電子メール
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
※ご支援の金額をより多く、会の開催に充てさせて頂きます。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

10,000

■10,000円B コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 当日配布レジメ集
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

15,000

■15,000円B コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 当日配布レジメ集
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
・第2回集会 第5分科会「人権は核と共存できない~脱原発と核兵器廃絶・国際ネットワーク」報告書

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

15,000

■15,000円A コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 入場チケット(当日受付にてお渡し)
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
・第2回集会 第5分科会「人権は核と共存できない~脱原発と核兵器廃絶・国際ネットワーク」報告書

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

20,000

■20,000円A コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 入場チケット(当日受付にてお渡し)
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
・第2回集会 第5分科会「人権は核と共存できない~脱原発と核兵器廃絶・国際ネットワーク」報告書
・第3回集会 第3分科会「核兵器と原発 日本はなぜ核を手放せないのか」報告書

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

20,000

■20,000円B コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 当日配布レジメ集
・第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
・第2回集会 第5分科会「人権は核と共存できない~脱原発と核兵器廃絶・国際ネットワーク」報告書
・第3回集会 第3分科会「核兵器と原発 日本はなぜ核を手放せないのか」報告書

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

20,000

全力応援20,000円コース

【応援コース(報告書なし)】
・ご支援のお礼の電子メール
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
※ご支援の金額をより多く、会の開催に充てさせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

30,000

全力応援30,000円コース

【応援コース(報告書なし)】
・ご支援のお礼の電子メール
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
※ご支援の金額をより多く、会の開催に充てさせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

50,000

全力応援50,000円コース

【応援コース(報告書なし)】
・ご支援のお礼の電子メール
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
※ご支援の金額をより多く、会の開催に充てさせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

100,000

■100,000円A コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回交流集会 入場チケット(当日受付にてお渡し)
・第4回交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
・第2回集会 第5分科会「人権は核と共存できない~脱原発と核兵器廃絶・国際ネットワーク」報告書
・第3回集会 第3分科会「核兵器と原発 日本はなぜ核を手放せないのか」報告書
・以下のいずれかの「原発と人権ネットワーク」に所属する団体の専門家を招聘する権利(交通費は別途いただきます。)
「東電福島第一原発災害と市民の目」牛山積(早稲田大学名誉教授・「原発と人権」研究・市民交流集会実行委員長)
「除染・帰還政策と住民の「健康に生きる権利」 」礒野弥生(日本環境会議 代表理事・東京経済大学教授) 
「ドイツに学ぶ 地域からのエネルギー転換 再生可能エネルギーと地域の自立」寺西俊一(日本環境会議 代表理事・一橋大学名誉教授)
「原発と核兵器」大久保賢一(弁護士・反核法律家協会 事務局長) 
「原発とメディア」丸山重威(日本ジャーナリスト会議事務局次長・元共同通信社会部記者)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

100,000

■100,000円B コース

・ご支援のお礼の電子メール
・第4回交流集会 当日配布レジメ集
・第4回交流集会 報告書(「法と民主主義」8/9月号合併号に収録)
・ご希望により第4回交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
・第2回集会 第5分科会「人権は核と共存できない~脱原発と核兵器廃絶・国際ネットワーク」報告書
・第3回集会 第3分科会「核兵器と原発 日本はなぜ核を手放せないのか」報告書
・以下のいずれかの「原発と人権ネットワーク」に所属する団体の専門家を招聘する権利(交通費は別途いただきます。)
「東電福島第一原発災害と市民の目」牛山積(早稲田大学名誉教授・「原発と人権」研究・市民交流集会実行委員長)
「除染・帰還政策と住民の「健康に生きる権利」 」礒野弥生(日本環境会議 代表理事・東京経済大学教授) 
「ドイツに学ぶ 地域からのエネルギー転換 再生可能エネルギーと地域の自立」寺西俊一(日本環境会議 代表理事・一橋大学名誉教授)
「原発と核兵器」大久保賢一(弁護士・反核法律家協会 事務局長) 
「原発とメディア」丸山重威(日本ジャーナリスト会議事務局次長・元共同通信社会部記者)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

100,000

全力応援100,000円コース

【応援コース(報告書なし)】
・ご支援のお礼の電子メール
・ご希望により第4回 原発と人権研究・市民交流集会 報告書にお名前を掲載させていただきます。
※ご支援の金額をより多く、会の開催に充てさせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年9月

プロジェクトの相談をする