プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

平和な世界の実現を目指し、日本と世界の子ども達を繫ぐ為に「五大陸交流祭in 伊東を静岡県伊東市で開催します!

 

こんにちは。NPO法人 Heart & Earth 代表の磯野共余です。 私は子どもの笑顔溢れる平和な世界の実現を目指し、日本と世界の子ども達を繫ぐためにNPO法人Heart&Earthを立ち上げました。

 

世界では紛争・テロなどさまざまな問題が起きています。そんな争いが起きる前に食い止めるにはどうしたらよいのか……そのためには「未来を担う子ども達の絆を深め繋がることが大切!」であることに気付きました。

 

そこで、今年の8月に私の故郷である静岡県伊東市で、伊東市と伊東市教育委員会の後援をいただき「五大陸交流祭 in 伊東」を開催します!この交流祭にはタイ、バングラデシュ、ウガンダ(予定)の子ども達が来日し、日本の子ども達(伊東、福島)と交流し絆を深めます。

 

五大陸交流祭で来日する子の中には、親がいなかったり何らかの理由で親と一緒に住めない子ども達がいます。彼らの渡航費など74万円が必要です。どうか子ども達が交流することで笑顔と絆を繋げていくために、お力を貸していただけませんか?

 

世界の子どもたちをつなぎます!


 

世界で起きている紛争やテロ…

子どもたちの絆を深め、お互いが大切な存在である気持ちを育む為に

「五大陸交流祭 in 伊東」を企画しました!

            

           ●五大陸交流祭のテーマ●

①子ども達の絆を深め、お互いが理解することで、将来「友達のいるあの国とは争わない」という意志を生むこと。
②平和な未来を切り開くリーダーの育成とネットワークの構築。

 

この交流祭の構想は2年前から私の中にありました。世界では紛争、貧富の差、そして自然破壊など様々な問題が起きています。特に紛争においては争う事で傷つき、親を亡くした子ども達が愛に飢え、憎しみが世代を超えて続いています。

 

その負の連鎖を断ち切りたい!争いが起こる前に食い止めたい! そのためには

未来を担う子ども達の絆を深め繋がることが大切!」であり「子ども達が繋がる事は国と国とが繋がる事!」と考えていました。

 

交流祭でみんなの絆を深めたい

 

今までは私は、タイ、ウガンダなどに渡航し子ども達に音楽を届け交流してきました。(2016年3月に成立したプロジェクトはこちら

そこでの音楽交流は大成功で、本当に素晴らしい体験をすることができました!

しかし…

 

今までアフリカの学校などで交流してきました!

 

ウガンダでの交流の後、私はすごくモヤモヤし不完全燃焼な気持ちになり、「もっと子ども達と密に交流したい!そして子ども同士が交流できたら…」という気持ちがわき起こってきました。
 
その気持ちが今まで温めていた構想を形にし、今回の交流祭の開催に繋がりました!

 

みんな笑顔でポーズ!

 

 

”音楽交流”と”対話型ワークショップ”で絆と相互理解を深めます!

 

五大陸交流祭では、主に2つのアプローチをします。

 

①音楽

テーマ:”絆を深める”

音楽を通して共に奏でる喜びや、歌う喜びを皆で体験します。

 

●歌声が響きます♪

交流祭では伊東市少年少女合唱団のご協力をいただき、来日する子ども達と歌や楽器などで交流する時間を設けます。その中で日本の歌「ふるさと」を来日する子ども達に紹介します。そして来日する子ども達も自分の国の「ふるさと」の歌を紹介しあい「地球はみんなの故郷であり、同じ地球の子ども」というメッセージを伝えます。
 

伊東市少年少女合唱団の動画です

 

②対話型グループワーク

テーマ:”相互理解”

子どもの可能性を引き出しながら、異なる文化や考え方、価値観を持つ子ども達が互いに対話をする時間を設けることで「相互理解」を目指します。

 

●対話型グループワークで伝えたい2つの要素
・子ども達の生まれ持った可能性を引き出す事
・考え方や、価値観の違いを理解しあう事

 

人はそれぞれ「自分の可能性」を持って生まれてきます。その可能性に気づき、行動することで、本来自分が持っている力を発揮し社会に貢献することができます。

 

子どもたちの対話で絆を深めます

 

 

◎その他交流内容

期間中、城ケ崎のつり橋、大室山山頂の散歩など、山と海に囲まれた自然豊かな伊東を子ども達は堪能します。

 

                                      (撮影:伊藤 尭)

 

その他、交流ゲーム大会、交流音楽会、花火大会見学、海水浴など、子ども達は寝食を共にしながら絆を深めます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
伊東市の花火大会です!

 

 

 

参加する子どもたちをご紹介!

 

20173月末現在、タイのチェンライ、福島、伊東の子ども達が参加予定です。


今回来日する子ども達は、何らかの理由で親がいなかったり、一緒に暮していない子ども達が含まれています。 しかし、各コミュニティーで選ばれた心の優しいパワフルな子ども達がやってきます。

 

◎タイのチェンライから来日する子ども達


男の子はYesu君、メーコックファームという施設に6年前からいます。

女の子はKanlayaさん、別の施設で暮らしています。二人とも18歳です。

彼らはタイの北部の「アカ族」という民族です。アカ族はタイ語を話せません

でもタイ語を話せないと働くことは難しいです。そのため親元を離れ施設で生活をしながら学校に通う子ども達もいます。
その施設から推薦された二人は、歌が大好きです!
 
・Yesu君からのコメント

Yesu so exciting he never think it will happen in his life.

Thank you so much for giving him a good chance.

日本に行けるチャンスがくるなんで思ってもみなかったです!

こんなチャンスをくれて本当にありがとう!

 

私はこの言葉を読んで涙がでました。すべての子ども達には無限の可能性があり、その可能性を引き出すお手伝いができたら嬉しく思います。
 


◎福島から来る子ども 

 

福島からは4月から高校生になる森田君(左)が参加し、福島の現状を話してもらいます。森田君は「子どもの幸せを願う福島親と子のうたごえ」で活動しています。

 

*伊東市の子ども達は伊東市少年少女合唱団と伊東市の中高校生を予定。

 日本、海外から参加する子ども達が決まり次第、新着情報でお知らせ致します。

 

 

皆様からのご支援は、交流祭に参加する子ども達の渡航費と滞在費、食費などに使わせていただきます。

 

今回のプロジェクトでは皆様からのご支援をいただき、子ども達2人、付添いの大人1人の合わせて3人の渡航費と滞在費、食費などに使わせていただきます。

 

●内訳

子ども達、付き添いの大人、合わせて3人分の渡航費など:60万円   

Readyfor手数料:約14万円

 

ファーストゴールが達成できましたら、セカンドゴールとして更に4人目の子どもの費用20万を目指します!そのためにも交流祭でのプログラムの充実を図ります。

 

メーコックファームの子どもたち

 

 

五大陸交流祭で次世代のリーダーを育み、伊東から日本へ、そして世界に平和へのネットワークを構築します!

 

「五大陸交流祭 in 伊東」は継続的に伊東で開催していく予定です。

伊東に世界各地から子ども達が集結し、絆を深め、そして自分のコミュニティーに帰っていきます。

 

交流祭を継続的に開催することで、平和を願う子ども達のネットワークが各コミュニティーで広がります。また回数を重ねる事で、同窓会が開けるかもしれません。

そうすることで子ども達のネットワークは国境を越え世界各地に更に広がります。

 

そして子ども達が親になった時、伊東での体験や平和の尊さを自分の子どもや孫に伝えていくでしょう。一人でも多くの子ども達の心の中に「平和の種」をまき、花を咲かせることができたら嬉しく思います。

 

日本は世界で唯一の被爆国でもあり、地震による被災国でもあります。日本は、平和へのネットワークを発信するに相応しい国だと確信しています。

 

全世界の子ども達が笑顔であること。

それがNPO法人 Heart & Earth の願いです!

 

 

 

プロジェクト詳細

 

◯開催日時:2017年8月2日(水)~11日(金)

◯開催場所:静岡県伊東市

 

◯運営主催:NPO法人Heart&Earth 代表理事 磯野共余

 

 

皆様のお気持ちと、平和への願いと共に

 

今回はリターンとして「屋台食べ歩き券」を子ども達にプレゼントします。 また子ども達が選んだ「好きな言葉(日本語)」を寄せ書きにしお届けいたします。子ども達がどの様な言葉を選ぶのか楽しみです。 その他に、タイ北部の街、チェンライから車で1時間ほど山にはいった村の手作り手芸品をご用意しました。村の女性が制作した作品をフェアトレードとしてご支援いただきました皆様にリターンとしてお届けいたします。どのような手作り品が届くか楽しみにお待ちください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


最新の新着情報