本日プロジェクトの達成率が50%となりました。ありがとうございます。皆様には本当に感謝しております。残り9日間、プロジェクト成立に向けてより一層の努力をしたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

 

制作秘話の三回目は、背中が丸くなる原因の話です。

 

===================================


「腰が曲がる」と「背中が丸い」。この二つの言葉を区別して使っている人はほとんどいないと思います。でも私は区別したいと思います。原因が違うのです。

 

「腰が曲がる」のは筋肉の問題です。股関節の周囲の筋肉が固くなって足が伸びなくなった状態です。背骨は丸くありません。立つと腰が「くの字」に曲がっています。

 

「背中が丸い」のは骨の問題です。骨粗鬆症による圧迫骨折です。背骨の中心が猫のように丸くなります。立つと背骨が「Sの字」に曲がっています。

 

これを服でカバーするにはどうすればよいのでしょう。試行錯誤の結果、股関節の問題は股関節の近くで解消することにしました。後ろの裾をワイシャツのようになだらかに丸くしました。これで前かがみになっても背中が出ません。

 

背骨の問題は背骨の近くで解消します。後ろの身幅と袖ぐりにゆるみを入れました。前身頃のしわは背中のふくらみに引かれて出るのですが、このゆるみをいれることで前身頃のしわが消えます。


このゆるみは腕を前に出しやすくする効果もあります。背中の丸い人と腰の曲がった人、どちらの場合も杖をついたりカートを押すことが多いと思うのですが、そのときの腕の動きを楽にします。

新着情報一覧へ