プロジェクト概要

 

農業をもっと身近なものに。

 

私たちの夢は小さな農家を増やすこと。

 

そのきっかけとなる、農業体験ができるゲストハウスを岐阜県につくります!

 

 

心を込めて、無肥料・無農薬の自然栽培で野菜を育てている、多田ひろきと妻のしほです。

 

初めまして。岐阜県の谷汲(たにぐみ)という小さな山間の村で農業をしている、多田ひろきと妻のしほです。

 

私たちには今、みなさんのお力を借りてとてもやりたいことがあります。少し長くなりますが、お付き合いをいただけるととても嬉しいです。

 

私たちの農園の名前はナチュラルファームCocoroといいます。無肥料・無農薬の自然栽培(ナチュラルファーミング)で心(Cocoro)を込めて野菜を育てたい、そんな思いで2012年に農場を立ち上げ、この名前を付けました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
2012年3月。農園を始める直前の私たち。畑は耕作放棄地なので草まるけ。でも心はワクワク!

 

 

東日本大震災を機に、自分たちで食べ物を育てる生活をしようと、本格的に農業をはじめました。

 

私たちが農園を始めた一番大きなきっかけは2011年3月11日の東日本大震災でした。それまではぼくは隣の三重県でNPOの職員、しほは岐阜県で介護職員として働いていました。

 

ですが、大震災を体験して、私たちが生きていくのに本当に必要なものはお金ではなく、食べ物そのものであり、空気であり、水であると気がつきました。それは当たり前のことなのでしょうが、私たちにとっては大きな気づきでした。


「自分たちで食べ物を育てる生活」にシフトしよう。そして環境への負荷をできるだけ少なくするために、農薬や肥料を使わないオーガニックな農業を始めようと決意しました。

 

私たちが育てている固定種の野菜。ピーマンの一種でバナナピーマンという品種です。


まずは知り合いに紹介してもらった有機農家さんのもとで1年間研修をして基本的な技術を習得しました。そして2012年の春に研修先から独立して、ナチュラルファームCocoroを始めました。

 

野菜はちゃんと育つだろうか、お客さんは買ってくれるかな、野菜がマズかったりしないだろうか、台風が来たらどうしよう、本当に自分たちは農業で生活していけるんだろうか…。

 

そんなとりとめもないことが頭に浮かび、夜中に目が覚めて一人で悶々としていました。今でも時々農園を始めた頃の夢を見て、ドキッとして目が覚めることがあります。それくらい当時はプレッシャーが大きかったんだと思います。あ、もちろん今は不安はありませんよ〜(笑)

 

2017年の私たち。最初の頃に比べるとずいぶんタフになりました!

 

 

たくさんの方が望んでくださっているけど、大量生産には向かない自然栽培。だったら、自分で育ててもらえばいいじゃないかと、小さな農家を増やす取り組みを行ってきました。


私たちのなりわいは野菜やお米を販売することですが、ナチュラルファームCocoroを始めて3年目から、ライフワークとして、自分たちが食べる分の野菜を育てる「小さな農家」を増やす取り組みをしています。

 

3年目の当時は、徐々にお客さんが増え、野菜もお米もそこそこ順調に育っていました。なのに生産が全然追いつかない。出荷できる量が足りなくて、せっかくいただいたご注文を何度もお断りしました。自然栽培は大量生産には向かない農法なんです。

 

にも関わらず自然栽培の野菜を必要としている方がたくさんいる。これ以上畑を広げることは体力的にも時間的にも難しいし、人を雇ったり機械を買うお金もないし、一体どうしたらいいんだろう。


そこで思いついたのが「私たちだけで生産するのがムリなら、食べたい人に自分で野菜を育ててもらえばいいじゃないか!」という発想でした。

 

野菜そのものではなく、野菜作りができる人を育てる。みんなが小さな農家になって、自分たちが食べる分の野菜を育てる。それなら農業が忙しくない冬にも取り組める。

 

耕作放棄地も減るし、みんなが野菜を買うお金もかからないし、自給率も上がるし、いいことばっかりじゃーん、と短絡的に考えたのです(笑)

 

わたしだってしっかりお手伝いするもんね〜

 

農家にとって野菜を買ってくれるお客さまが減ることは、単純に収入が減ることを意味します。でも私たちはそれでいいんじゃないかと考えました。

 

どちらにせよ自分たちでこれ以上の増産は見込めないし、私たちの技術を伝えることでみんなが幸せで楽しい人生を送ってくれる方が、私たちにとっても幸せだと思ったのです。

 

幸い今では同じような志を持った仲間が増え、何組かの家族はサラリーマンや本業のかたわら、小さな農家として自分たち家族が食べるお米を自然栽培で育てています。

 

一昔前なら考えられなかったことですが、小さな農家はこの時代にマッチしているんだと実感する瞬間です。これからも小さな農家が少しずつ増えて、人も地域も豊かになっていくといいな〜と願っています。

 

タネについてのお話し会。小さな農家を目指すたくさんの方にご参加いただきました。

 

 

空き家となってしまった祖父の家をもう一度人が集う場所にしたい。「今日もちゃんと生きてる」と実感できるオーガニックな暮らしを体験できるゲストハウスを開きたい。

 

私たちは2020年に郡上に引っ越し、そこで農業とゲストハウスを始めます。「小さな農家を増やす」という活動も、みんなで一緒に、作業をして、泊まって、話をしたり聞いたりすることで、もっと広がっていくんじゃないかとワクワクしています。

 

Cocoro妻のしほです。私の思い出を少しお話しさせてください。ゲストハウスとして生まれ変わるのは、幼い頃には沢山の親戚が集まって賑やかだった祖父の家です。

 

祖父が亡くなり何年も空き家になったままです。祖父の家を目にするたびに寂しくて、いつかこの家をもう一度人が集う楽しい場所にしたいという思いがありました。


昔ながらの造りで敷地が広く、部屋数も多いので、ゲストハウスに改修することができれば、沢山の方に農と宿泊を通して楽しい体験をしてもらえると思いました。

 

田んぼのワークショップでのヒトコマ。みんなで稲を稲架(はさ)にかけて天日乾燥します。美味しくな〜れ。

 

Cocoro夫のひろきです。ぼくは何十回とワークショップを開いて気づいたことがあります。それは農のその先に楽しい何かがある、ということです。ぼくは勝手にそれを「オーガニックな暮らし」と呼んでいます。

 

有機野菜を食べる。エコな洗剤を使う。天然素材の服を着る。それらは確かに暮らしの一部ではありますが、暮らしそのものではないですよね。ぼくがイメージする「オーガニックな暮らし」とは

昼間は仲間とワイワイ外で農作業をして、その日に収穫した新鮮な野菜で美味しいご飯を食べて(ついでにお酒も飲んで♪)、お風呂に入ってぐっすり寝て一日の疲れを癒やす。

特別なことは何もない、でも人生のキラキラしたひとときです。あぁ、今日もちゃんと生きてるな〜、一日を全力でやりきったな〜、という実感が持てる暮らしです。ぼくたちの人生にはそんな瞬間がとても大切なんだと感じています。

 

そんな瞬間をみんなに体験してもらうにはどうすれば良いかを、夫婦で何度も話し合いました。そこで出た答えが私たちが今過ごしているような生活、つまり「オーガニックな暮らし」をまるごと体験してもらえたら、もっと満足してもらえるんじゃないか。よし、そんな場所を作ろう!というものでした。

 

最初は今いるこの場所で、と考えていたのですが、しほのおじいちゃんの家を見た時、ほとんど直感的にここだー!と思いました。

 

桜の木のトンネル、訪れた人がほっこりする風景、家のたたずまい、田んぼや畑、山からやってくるキレイな水。そこには全てがそろっていました。

 

私たちはここでみんなに「オーガニックな暮らし」を満喫してもらいたい! 住み慣れた谷汲を離れ、また畑も家も友人たちもゼロからのスタートにはなりますが、この郡上へみなさんをお迎えしたいという思いで移住を決意しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ゲストハウスの下から神社へと続く桜のトンネル。春は桜、秋は彼岸花がキレイです。

 

 

農業体験を始め、お味噌作り教室など、昔の農家では当たり前だった暮らしを体験して、これからの人生をより豊かに生きる力を身につけてもらえるような体験をしていただけます!


今回のプロジェクトではみなさんからのご支援で、古民家を改修して「オーガニックな暮らし」が満喫できるゲストハウスを作ります。


祖父の家は岐阜県郡上大和町の明建(みょうけん)というところにあります。桜のトンネルや樹齢数百年の杉の木に囲まれた明建神社など歴史にちなんだ見所が多くあります。農業体験などと合わせて、観光も楽しんでいただけると幸いです。

 

古民家は、何年か前の大雪で台所がすっかり潰れてしまっているので台所を新設し、屋根の修理、上下水道の整備、お風呂の改修、防寒対策などしてお客さまをお迎えする設備を整えます。今回のご支援は2018年12月までかかる改修のためにあてさせていただきます。

 

開業は2020年の春を予定しており、開業までの間にみなさんと一緒にアイデアを出し合ったり、しっくいを塗ったり、かまどを作ったりという作業もします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
アーティストの小田まゆみさんがハワイから来てくれて一緒にワークショップをしたときのもの。
参加してくれたみんなが本当に楽しそうで、ワークショップの大切さに気づきました。

 

 

「オーガニックな暮らし」をみなさんのご家庭でも


オーガニックって実はいろんな側面があるんですよね。生活様式、考え方、食べ物、化粧品、洗剤、衣類、住まい、などなど。私たちがゲストハウスで提供したいと願っているのはそれらをまとめた「暮らし」そのものです。

 

「オーガニックな暮らし」を体験して、こんな暮らし方があるんだという事実を知ることで、これからのみなさんの生活が少しだけ変わるんじゃないか、もっと豊かになっていくんじゃないかと思っています。

 

「オーガニックな暮らし」を選択していくことで一番ステキなことは、いろんなつながりが感じられるようになることです。友人たち、環境、買うもの、食べるもの、身につけるもの。そんな自分の人生を取り巻くいろんな存在と本当の意味でのつながりが生まれてきます。

 

なぜならそれら全てに作り手の思いや情熱があって、それらを選び続けていくことで、自分の感覚がどんどん磨かれていくからです。とまぁなんだか小難しいことをいっぱい書きましたが、実は本音はこんな感じなんですよ。

「楽しいよ〜。遊びにおいで!」(笑)

長文をお読みいただき本当にありがとうございました。私たちのこれからに、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

 

小さな農家ってこんな感じです。トラクターをかけるお母さんと、それを見守る心配そうなお父さんと子どもちゃん(笑)

 

 

最後に友人たち、ならびに今までナチュラルファームCocoroを支えてくれたお客さまへ


突然の移住宣言で驚いた方がたくさんみえると思います。なかなかお伝えできずにゴメンなさい。みんなと一緒に過ごしたこの谷汲を離れるのはめちゃくちゃさびしいし、野菜セットをずっと購入して私たちの生活を支えて下さったみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

 

人にも畑にも恵まれて、今まで本当に幸せな日々を過ごして来られたこと、とても感謝しています。ありがとう!でも私たちは勇気を持ってここから動くことを決意しました。ゲストハウスはこれまでに取り組んできた「小さな農家を増やす」ことをもう一歩深く進めるのに必要なステップだと思うからです。

 

ぜひご支援よろしくお願いします!野菜セットも今年が最後になるので、ぜひ継続もしくは新規のお申し込みをお願いします!

 

支援したいけどお金ないよ〜って方は友達に伝えたり、応援メッセージをくれたり、私たちの取り組みをSNSや実際に会った人に伝えてくれるととっても嬉しいし、すっごい力になります。よろしくね。そしてゲストハウスが完成したら郡上に遊びに来てね〜。そしてそして!あと2年くらいだけど、これからも変わらぬお付き合いをよろしくお願いします<(_ _)> みんなありがとー! 

 

ナチュラルファームCocoro 多田ひろき☆しほ

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
夜なべでワラ仕事に燃えるCocoro妻しほ。こんな暮らしをたくさんの人に体験してもらいたいです。


 

ゲストハウスの詳細

 

最寄り駅は長良川鉄道の徳永駅で、そこから東へ2キロほど行ったところにあります。お車で直接来ていただいても結構ですし、駅まで電車で来て下されば無料で送迎いたします。

 

営業開始は2020年の春を予定しています。通常は毎日1組だけの受け入れですが、大人数での宿泊も可能です。

宿泊料金は大人1人8,000円(一泊二食とその時期に合わせた農業体験つき)、子ども1人3,000円(小学生〜中学生まで。幼児は無料)です。

 

完成したゲストハウスでは自然栽培の教室、田植えや稲刈り、野菜の収穫などのいろんな農業体験を始め、保存食作り、お味噌作り教室、ワラ仕事など生活に密着したいろいろなワークショップを行います。

 

昔の農家ではごく当たり前だった暮らし、でも今は忘れられつつある暮らしを体験して、これからの人生をより豊かに生きる力を身につけてもらえるようなプログラムをたくさんご用意しています。


ゲストハウスの設備はお風呂、トイレ(男女別)、鍵のかかるゲストルーム(約8畳)が一つ、大人数での宿泊用の8畳間が二つ、いろり、台所です。

 

宿泊とは別料金になりますが昼間はフリースペースとして二階(約40畳)もご使用いただけます。テレビ、電子レンジ、Wi-Fiなどはありません。

 

 

 

リターンについて

 

ご支援を下さったみなさまだけが受け取れる特典を色々とご用意しました!

 

特典は大きく分けて三つの種類があります。
1農産物(お米や野菜セット、お味噌仕込みセットなど)
2各種体験(田植えや稲刈りなどの農業体験、かまど作り体験など)
3その他(宿泊券やオープンパーティ参加券など)

それぞれいろんな特典をご用意しています。種類が多いのでちょっとご覧いただくのが大変ですが、みなさんに気に入ってもらえるものがあれば幸いです。ぜひ最後までご覧ください。これもこれも気になるな〜という方は、特典を組み合わせてご支援いただけるととても嬉しいです!

またご支援をいただいた方全員を対象に、Facebookの特設グループにて工事の進捗状況やイベントのお知らせなどを随時お知らせいたします。

 

お知らせを読んでもらえるだけでも嬉しいのですが、アイディアを出したり、情報をいただいたり、問題点をみんなで一緒に考えたり、私たちと共にゲストハウスを作り上げて下さる強力なサポーターを大募集です。

 

最後までお付き合いをいただきありがとうございました。ご支援ご協力よろしくお願いします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
リターンの手作りお味噌セット。左からフェアトレードの天日塩、
ナチュラルファームCocoroが育てた自然栽培の大豆と米麹です


 


最新の新着情報