READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

宮城と福島に鎮魂の音楽・舞の雅楽を届けよう!雅楽慰問演奏プロジェクト

岩佐 堅志

岩佐 堅志

宮城と福島に鎮魂の音楽・舞の雅楽を届けよう!雅楽慰問演奏プロジェクト

支援総額

142,000

目標金額 300,000円

支援者
14人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2013年05月30日 08:03

雅楽を演奏する人たち

よく、質問されることがあります。
「雅楽を演奏するきっかけは何だったのですか?」
「どんな人たちが雅楽を演奏されているのですか?」
以前、取材を受けて簡潔にまとめられている記事があります。
良かったらご覧ください。
→http://www.excite.co.jp/News/bit/E1360318613360.html

 


私が雅楽を始めた理由、それは自分探しでありました。
小学生の考える事ですから大したことでは無かったのでしょうが、
それでも「自分が自分たる所以」を考えたことがあったのでした。
たまたま、親がやっていた(すぐに止めてしまったそうですが)雅楽の
存在を見つけ、また熱心であった伯父の影響から雅楽を始めた次第です。
雅楽に出会い、私は変わりました。自分を表現する方法として雅楽を演奏しました。
今では「雅楽=私」と自分自身では考えています。


 

私の友人に、子供に雅楽を教えている人間がいます。博雅会のメンバーです。
彼はこう言います。
「最近の子達は、テレビゲームでもそうだけど、全て思い通りになるのよ。
 でも、雅楽の楽器はとても原始的だから、なかなか思うようにはならない。
 逆に、何とかして自分の思い通りにしようと、懸命に努力する。
 上手い・下手では無いのよ。こういう気持ちは絶対に大事だと思うわ」
彼の教え子は、今では大人顔負けの雅楽演奏家として育っています。

 


私の専攻は龍笛(龍笛)という横笛です。
この楽器、まず音が出ません。音が出たところで、今度は音が続かない。
ようやく続いたとして、次には音程が合いません。音程が合えば、その次には
メロディを紡ぎださなきゃいけない。メロディを作れたら、そこでようやく
音色の議論になります。まあ奥が深い楽器です。
奥が深いからこそ、私自身が一生懸けて挑むのではありますが。


 

今回、このように雅楽という1400年物の音楽に正対し、そして努力をする
そんな仲間達が東北に行きます。
何故東北に行くのか?…それは自分達が雅楽しか出来ない事を知っているからです。
音楽と言うのは、やはり生演奏が一番です。楽器は、空気を震わせて音を創ります。
その空気を共有することこそ、音楽の醍醐味でもあります。
今こそ、東北の皆さんに本当の雅楽を伝えたい。


 

私たちに仕事をさせて下さい。宜しくお願いいたします。 

一覧に戻る

リターン

3,000

博雅会のこの活動を文章にまとめ、
メールにて報告させて頂きます。

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

メールによる活動報告に加え、
博雅会公演のDVD『壱具』(1枚)を
お渡しいたします。

支援者
8人
在庫数
32

25,000

メールによる活動報告に加え、
博雅会公演DVD『壱具』を1枚、
『壱具』以外の中で博雅会がセレクトしたDVDを1枚、
博雅会石川金沢公演ペアご招待券1枚をお渡しします。

支援者
2人
在庫数
28

プロジェクトの相談をする