READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

沖縄の野良猫たちに生きる権利を…

沖縄ハピネコ会

沖縄ハピネコ会

沖縄の野良猫たちに生きる権利を…
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月18日(火)午後11:00までです。

支援総額

635,000

目標金額 750,000円

84%
支援者
110人
残り
8日

応援コメント
MV
MV8時間前☆猫たちの幸せを願ってます☆☆猫たちの幸せを願ってます☆
anna
anna9時間前猫ちゃんたちの保護活動応援しております。(れもんとみるくのママより)猫ちゃんたちの保護活動応援しております。(れもんとみるくのママより)
小幡卓司
小幡卓司13時間前小幡です。もう沖縄に行かれたのですか。微力ながら応援しております。小幡です。もう沖縄に行かれたのですか。微力ながら応援しております。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
38お気に入り登録
38人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月18日(火)午後11:00までです。

38お気に入り登録
38人がお気に入りしています

プロジェクト本文

  1. ▼自己紹介

初めまして、沖縄 ハピネコ会代表のあらかきヨシヒロと申します。

猫の遺棄や野良猫たちへの虐待に心を痛め、個々で猫の世話をしていた者が集まり会を立ち上げました。活動拠点は主に沖縄本島の中部地区です。

 

猫たちを見守るパトロール、ケガや病気の猫たちのレスキュー、親とはぐれた行き場のない子猫たちの保護と里親探し、TNR活動(不妊去勢手術を行い、繁殖を防止し、猫に関わる苦情や殺処分の減少に寄与する活動)等を行っています。

 

野良猫たちに、「生きる権利を安全で過ごせる環境の提供」を目標に掲げ

人と動物が共存できる社会を目指します。

 

 

 

【参考】沖縄ハピネコ会のたくさんの活動のうちのひとつの記事です。

仔猫のレスキュー

https://nekochan.jp/column/article/14462

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

沖縄ではたくさんの飼い主のいない猫たちがいます。

その為、増えすぎた猫(野良猫)の問題が深刻化しています。 

 

国道と県道で轢死した猫の数は、2015年度は2,684件。1日に約7匹が死んでいる計算になります。また、猫の遺棄、虐待などの事件も多数発生しています。殺処分も含め、飼い主のいない猫たちの現状は悲惨です。最新のデータでは日本国内における猫の殺処分件数は2019年4月~2020年3月の1年間で、8,932頭の成猫と、18,176頭の子猫が殺処分されています。

 

沖縄県動物愛護管理センターに猫が保護されてから4~7日後には二酸化炭素ガス室での処分。何の罪もない命たちが、苦悶の中死んでいくのです。沖縄県は過去にも殺処分数で全国ワースト1位になったほど、犬・猫の殺処分件数が全国平均よりも高いのです。

 

一般的に、猫は年に3~4回、約3ヶ月間隔で発情がみられ、妊娠期間は、60日前後。1匹の母猫が平均5頭の子猫を出産します。増える野良猫へ餌を与える餌やりさんの存在も綺麗事では済まされません。餌やりをする人と地域住民との間でのトラブルが、野良猫問題をさらに深刻化させているのです。

 

段ボール箱に入れられ捨てられた仔猫と保護した仔猫たち

 

猫虐待で現場を捜査する警察

 

夜の見回りパトロール

 

劣悪な環境で生きている猫たち この子たちを里親に繋ぐようにしたい。

 

 

私たち沖縄ハピネコ会はそのようなトラブルを解消するために

 

飼い主のいない猫への不妊去勢手術を行うと同時に、餌やりマナーを守って頂くよう指導を行い、地域の問題として各自治体や自治会の理解並びに協力を呼びかける活動を行なっています。

 

 

里親会

 

 

地域の餌やりさんや個人ボランティアさんからの相談も絶えません。

 

ある高齢女性の方は地域の方々から家の周りに集まる野良猫たちへ餌を与えないでと苦情を言われ、毎日集まる猫たちの姿を窓越しに見ながら詫びていると情報がありました。

 

私たちは直ぐに当該住民へ地域猫として不妊去勢手術を行う予定を伝え、糞尿の問題は仮設トイレを用意して自宅以外に設置をする場合は、土地の管理者の許可を得て設置させてもらう手配をしました。

 

 

ゴミ捨て場に集まるお腹を空かせて痩せている猫たち

      

 

不幸な猫たちをこれ以上増やさないために

 

飼い主のいない猫たちの不妊去勢手術をするこのプロジェクトに、皆様のご支援を賜りたく、

このクラウドファンディングを立ち上げます。

 

皆様の助けが必要です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

不幸な猫たちをこれ以上増やさないため、飼い主のいない猫たちの不妊去勢手術をする。

 

下記の地域の不妊去勢手術対象の猫たち。

沖縄市上地、餌やりのTさん・・・・ 14匹

沖縄市泡瀬、ボランティアさん・・・17匹

沖縄市古謝、ボランティアさん・・・  8匹

沖縄市比屋根、ボランティアさん・・12匹

沖縄市与儀、餌やりのGさん・・・・  9匹

北谷町桃原、ボランティアさん・・・12匹

西原町東崎、ボランティアさん・・・ 8匹

合計頭数80匹

 

プロジェクト内容内訳

野良猫メス 35匹 手術費用9,000️円×35匹=315,000円

野良猫オス 45匹 手術費用6,000️円×45匹=270,000円

丸十金網捕獲器、追加購入4台 1台価格 11,700️円×4台=48,400円(配送料1,600円)

 

目標金額650,000円(クラウドファンディング手数料を合わせると750,000円になります)

 

 

TNRで妊婦猫を保護、お腹が大きな猫は堕胎せずに出産をさせて子猫が育つと里親さんへと繋いでいます。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

沖縄での野良猫問題は、その解決策を知らない事から起こっているのが原因です。

沖縄ハピネコ会は増えすぎた野良猫への不妊去勢手術を行うと同時に、餌やりさんには、餌やりマナーを守って頂くように指導をし、地域の問題として自治体や自治会への理解並びに協力を訴えて呼びかけて行きます。 

 

このプロジェクトを通して県民への動物愛護の意識を伝えていきたいと思います。

それは殺伐とした社会に対し、おもいやりの精神を広げていく事になると信じています。

どうぞ、皆様のお力をお貸し下さい…よろしくお願い申し上げます。

 

 

▼プロジェクト終了要項

治療・手術対象    野良猫 メス 35匹、オス 45匹

治療・手術内容    猫の不妊去勢手術

治療・手術完了予定日    2021/07/31

その他    丸十金網捕獲器4台

 

 

 

プロフィール

沖縄ハピネコ会

沖縄ハピネコ会

沖縄 ハピネコ会代表 あらがき ヨシヒロ 1963年生まれ、沖縄市在住。 映像制作の仕事をしながら個人で保護猫活動を20年ほど続けていました。 しかし、身近に野良猫虐待が頻繁に発生している事に心を痛め、個人活動を超えて本格的に何か出来ることは無いかと思い、個人ボランティアさんたちとのネットワークを広げ、2019年に沖縄ハピネコ会を立ち上げました。 動物愛護の基本は、人の命と同様に動物の命についても その尊厳を守ることにあります。 人と動物が幸せに暮らせること目指して沖縄ハピネコ会は活動を行なっています。

リターン

1,000

TNR支援1,000円コース

TNR支援1,000円コース

サンクスメールと活動報告メールを画像付きでお送りいたします。

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年8月
このリターンを購入する

3,000

TNR支援3,000円コース

TNR支援3,000円コース

サンクスメールと活動報告メールを画像付きでお送りいたします。

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年8月
このリターンを購入する

5,000

TNR支援5,000円コース

TNR支援5,000円コース

サンクスメールと活動報告メールを画像付きでお送りいたします。

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年8月
このリターンを購入する

10,000

TNR支援10,000円コース

TNR支援10,000円コース

サンクスメールと活動報告メールを画像付きでお送りいたします。
ハピネコ会が運営する猫シェルターの猫達の可愛い写真とお礼のお手紙をお送りします。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年8月
このリターンを購入する

30,000

TNR支援30,000円コース

TNR支援30,000円コース

サンクスメールと活動報告メールを画像付きでお送りいたします。
ハピネコ会が運営する猫シェルターの猫達の可愛い写真とお礼のお手紙をお送りします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年8月
このリターンを購入する

プロフィール

沖縄 ハピネコ会代表 あらがき ヨシヒロ 1963年生まれ、沖縄市在住。 映像制作の仕事をしながら個人で保護猫活動を20年ほど続けていました。 しかし、身近に野良猫虐待が頻繁に発生している事に心を痛め、個人活動を超えて本格的に何か出来ることは無いかと思い、個人ボランティアさんたちとのネットワークを広げ、2019年に沖縄ハピネコ会を立ち上げました。 動物愛護の基本は、人の命と同様に動物の命についても その尊厳を守ることにあります。 人と動物が幸せに暮らせること目指して沖縄ハピネコ会は活動を行なっています。

あなたにおすすめのプロジェクト

インスリン使用者が利用しやすいカフェを作る

tomomi allentomomi allen

#医療・福祉

80%
現在
240,000円
支援者
21人
残り
21日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする