おはようございます。

今日の筑後は、太陽の日差しがあたたかくて

とっても素敵な一日になりそうです。

 

皆様、ご支援ありがとうございます。

拡散やあたたかいメッセージ、本当に嬉しいです♡
本当にありがとうございます!
(ありがとう言い過ぎって言われるけれど、今日は嬉しいから解禁)


「新着情報」コーナーでは、
これからの情報誌のネタになるものを上げていこうと考えています。

・素敵な香りを取り入れる

・朝日を浴びる

・お願い事を意識する時間をつくる などの生活習慣を軸に据えよう、

と構想していたのですが、

「こころの持ち方」が一番だと感じたので忘れないうちに♡


 

 

ずっと外の世界に憧れていた私が、

筑後で家族と一緒に生きていきたいと思えたのは、

「こうしたほうが、絶対いいよ!」って言うのをやめて、

家族と上手に話せるようになってからでした。

 


うまく表現できないけれど、それまでの私は、

父に対しても、母に対しても、そして妹に対しても

「このハンカチは素敵だから、絶対気に入るはず」

「お父さんは、もっとこうしたほうがいいと思う」

「新しい趣味として、これしてみたら?」

って、上から「こうあるべき」「こうあってほしい」という

価値観を押し付けていました。

 

もちろん、自分ではそんな意識がなくて、

妹に大人LADYなハンカチを贈って、

一緒に大人の女性になりたい(完全なる自己満足と巻き込み

お父さんの人生もっと楽しくしたい(もう、ほんとなにさま

お母さんの興味関心を引き出したい(あなた誰なのほんと

など、「その人のために」すこし意見を言って寄り添っているつもりでした。

それが、きっと良い提案なんだと信じて自分を棚に上げて言い続け、

取り入れてくれない家族にいらいらしていました。


ある日、妹と喧嘩したとき。
「わたしはそんなの望んでない!」って言われました。

(気の強い私に、どれだけの勇気を振り絞って言ってくれたんだろ)

 

 

その瞬間、単純に「あー、そっか」って思いました。
私は「おりこうさん」のふりして、皆のことを思っているふりをして、

皆の意見を全く聞かずに、気持ちを考えずに理想を押し付けてた。

「こうだったらきっと、幸せだよね」って

相手の立場に立って考えているつもりで、所詮それは「私の中の」相手立場目線。

 

 

 

あなたのためを思って、

あなたの将来を考えたらこうしたほうがいい

 

 

それって、言い手の都合じゃない?巻き込まんでよって今なら思います。

押し付けて型にはめないで、あなたのための私の人生じゃない。

本当にだれかのことを思ってるなら、

ただただ聴いて、たとえ共感できなくても受け止めて
そっと同じ方向を見つめられるひとになりたい




父のふるさと、福岡県大牟田市は世界的な少子高齢化CITY。
幼いころは、シャッター街や煙突が多くて、
なんとなく恐いイメージだったけれど、

今では訪れるたびに好きになるあたたかいまち。
「安心して徘徊できるまち」大牟田

一緒に散歩しよう、思い出に寄り添おう、そんな心の余裕ができたら。

そして、家族だけじゃ到底寄り添いきれないから、

地域で見守って一緒に生きていくことができたら。

 

そんな雰囲気を作ろうとしているように思えるから、あったかくて大好きなまち。

 

 

 

同じ方向を向くことって

寄り添おうと決めることって

大きな余裕とゆとりと、覚悟がいると思います。

もし、一人で支えようとするときは。

だって自分自身の生活もあるし、したいこともあるし、

そんな四六時中やさしくて人間できたひとじゃいられないし。

 

 

でも、何人かでちょっとずつだったら、

少しずつシェアできたら、

そして、直接関わるのではなくて、

「たまーにちょいちょい出てくるよねあのひと」的なポジションでも

ふんわりと関わっていけたら、寄り添えるし受け止められる。


いろんな意見があっていいと思う。

ただ、押し付けない生き方ができればみんなもっと楽になれるし

距離をうまく保てるのかなと思います。

 

 

しかし、今朝も私は、父が上着をだらーって着ているのを見て、

「上着のまえ、閉めとかんと寒いけん閉めちゃろっか」って

父が口を開く前に、首元まで勝手に閉めたけれど。

「ありがとう」って言ってくれて喧嘩にはならなかったけれど

日々、コミュニケーションの修行です。励みます。
 

 

長文乱文に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

いつもに増して、まとまらない!

 

 


2014年11月5日
池田千恵