おはようございます。

お目通しいただいた方、情報を広めてくださった方、

そしてさっそくのご支援と温かいメッセージ、ありがとうございます!

パワーを頂いています!

 

 

【公開一日目のご報告】

 

雨の土曜日だった昨日は、アロマケア教室へ。

香りをかいでみて、好き♡だと感じた香りでスプレーを作りました。

 

(理科の実験みたい)

 

 

アロマとか難しそうだし、危険じゃないのかなーと内心思っていましたが

禁忌事項を学び、押さえておけば

香りによって生物としてのリズムを整えるだけではなく

お掃除に使えたり、虫よけに使えたり様々な用途があるようです。

 

 

帰り道、車を運転しながら「介護」という言葉を掲げて

よかったのかどうなのか、改めて考えました。

 

 

ひとくちに「介護」といっても様々な状態があるとおもいます。

どれだけ大変なのか、また、その状況は実際に接する人にしかわからない。

経験してみないとわからないことでもあると思います。

私も、父と一緒に生活しているものの、常に介助をしているわけではありません。

 

そのような立場で安易に「介護」を語っていいのか。

 

 

今回の企画を思いついた背景には、

「介護」と「子育て」に似たようなものを感じていた思いがあります。

何もできない赤ちゃんと、経験を重ねたお年寄りは違う面も多々ありますが、

お世話をする、そばにいるという面で、

家族としての過ごし方には共通点があると思います。

 

「子育て」は大変な面がある一方で、おしゃれに楽しんでいる人もいる。

お洒落な雑誌もたくさんあるし、

経験や悩みを共有することもできる場が増えている。

「介護」にも、そのような側面があれば、

「生きる」の一部として、

わくわくやときめきを取り入れられるのではと感じました。

 

 

 

 

長文乱文に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

今回の企画をとおして、ご意見、お考え、ご指摘や批判など

さまざまなお声をうかがえたら嬉しいです。

お気軽にメッセージをご記入ください!

 

 

ご支援いただきたい、情報誌をつくりたいという思いはもちろんですが、

気軽に「生きる」についてお話できるような雰囲気を作れたらと思います。

 

 

素敵な日曜日になりますように♡

 

 

 

2014年11月2日

池田千恵