HAPPY KAIGOプロジェクトへのご支援ありがとうございます!

 

プロジェクト公開前に「情報誌のイメージをお伝えできたらいいですね」とスタッフさんにアドバイスを頂いて、とっさにHAPPY KAIGOとつけたタイトル。(仮)のつもりでしたが、ぱっと見て「介護」「福祉」だと気づかないけれど、だれが見ても目指すゴールがわかる名前にしたくてHAPPY KAIGO。これしかないんじゃないかと今は思っています♡


-------------------------------------

じつは今、個人的に経済的危機を迎えていて、この冬は文字通り「筑後ごもり」です。ピンチに気づいたここ数日は、空もどんよりグレーだし、父は風邪気味なのに薄着でいるし、気分がすこし下り坂でした。

 

そんなときでもHAPPY KAIGO!★

このうっそうとした空気かえたい!


でも、お金もない、寒いから家から出たくないおしゃれっけもエネルギーもマイナスな今。面倒なのは避けたい、でもHAPPYになりたい。



…じゃんじゃじゃーん!蒸しタオルー!

3ステップ10秒。

①お湯でタオルを濡らす
②薄めたオイルを数滴まぶす
 (いい香りのハンドクリームとかでも、大丈夫かな?)
③お父さんに渡す
オイルが直接ついていない面で顔を拭いたあと、首元、耳の後ろまで一生懸命拭いて一言「はー、よかねー♡」
 

温まることで、まわりにふんわり広がるゼラニウムの香りに包まれているお部屋と、ちょっとでも清潔になった父の顔と、あったかいタオル。

 

一歩だけの「してみようかな」で、ちょっと頑張ってみる工夫で、なんかいい♡なんか嬉しい♡は増やせます。気軽にお出かけできないし、おいしいものも食べにいけないし、いろんな制約もあるけれどちょっとの工夫で、HAPPYは増やせる。
 

 

そんな情報をあつめて、もっと福祉に楽しいとHAPPYな瞬間を★得体のしれない壁を取り払って暮らしの一部として「介護」を考える雰囲気を★つくりたーい!作ります。

 

 

最後まで長文、乱文にお付き合いいただきありがとうございます。

皆様へ重ねてのお願いです。

 

様々なお立場からの「介護」「福祉」へのご意見、おしゃれ感のアイデア、FacebookでのシェアやTwitterなど、情報の拡散をお願いいたします。そして、今回のプロジェクトへのご支援をいただけたら嬉しいです。どうぞ宜しくお願いいたします。