ソーシャルアントレプレナー・ビジネス交流会の詳細が決定いたしました!
Ready forから3万円のご寄付をいただいた方を、先着20名様まで本交流会にご招待しております。ぜひたくさんの方にお越しいただければ幸いです。
お席に限りがありますので、お早目にご支援いただければ幸いです。

 

※なお、準備の関係上、本交流会へのご招待は3月13日(金)までにご支援いただいた方に限定させていただきますので、ご注意ください。

 

■ソーシャルアントレプレナー・ビジネス交流会の詳細
日時:3月17日(火)第一部:18時~19時30分、第二部:19時30分~21時30分

会場:アークヒルズクラブ(赤坂・六本木)
http://www.arkhillsclub.com/jp/info/access.html

 

第一部:日本を代表するソーシャルアントレプレナーによるプレゼンテーション
 日本社会の課題と取り組みについて
 18時~19時30分(開場:17時45分)

 

第二部:日本のYoung LeadersとHKSの学生の交流会
 ソーシャルアントレプレナー、若手起業家、ビジネスパーソンなど約40名とハーバード・ケネディスクールの学生40名(合計80名)の交流会
 19時30分~21時30分(開場:19時)

 

※①・②とも英語でのディスカッション・交流会となります。

 

■ 第一部のプレゼンターのご紹介(敬称略)■

 

1. 駒崎弘樹 フローレンス代表理事

http://www.florence.or.jp/

 

 

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。

 

2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開し、政府の待機児童対策政策に採用される。
2012年、一般財団法人日本病児保育協会、NPO法人全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。

 

2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員などを歴任。
現在、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員、東京都「子供・子育て会議」委員、横須賀市こども政策アドバイザーを務める。

 

2. 高橋 大就 東の食の会事務局代表 / オイシックス株式会社執行役員

http://www.higashi-no-shoku-no-kai.jp/

 

 

1975年生まれ。スタンフォード大学院卒。1999年に外務省に入省。2003年から2005年にかけて在米国日本大使館で日米安全保障問題を担当。その後帰国し、日米通商問題を担当する。2008年、外務省を退職し、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2011年、震災直後からマッキンゼー社を休職、NPOに参加し東北で支援活動に従事する傍ら、東の食の会の立ち上げに関わる。2011年6月東の食の会発足と共に事務局代表に就任。同年8月、正式にマッキンゼー社を退社し、オイシックス株式会社海外事業部長(執行役員)に就任。

 

現在は、オイシックスにおいて、高付加価値の日本の食材を海外に販売する事業を、東の食の会において、東北の食産業の復興事業を同時に精力的に行っている。

 

3. 岩田 拓真 a.school代表取締役 校長

http://aschool.co.jp/

 

 

1985年京都生まれ。京都大学総合人間学部卒、東京大学大学院工学系研究科修了。修士号(工学)。大学卒業後は、経営コンサルティング会社Boston Consulting Groupにてコンサルタントとして勤務し、通信、金融、消費財の分野で、全社戦略立案・実行支援、グローバル事業推進、新規事業創出支援などに関わる。その傍ら、小学生から社会人まで様々な層を対象とした創造性教育プログラムの企画・運営に携わる。その後起業し、小中高生向けに創造性教育事業を行う株式会社a.school(エイスクール)を創業。現在はa.schoolにて、探究・創造型学習を行う学習塾a.schoolの運営、アントレプレナーシップ教育やイノベーション教育に関連する様々な教育プログラムの企画・運営を行う。NPO法人 Motivation Maker副代表理事。NPO法人 放課後NPOアフタースクール アドバイザー。

 

ほか

 

参加者一同、交流会で皆様とお会いし、また日本の課題についてディスカッションできることを楽しみにしております!

新着情報一覧へ