READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

海外の昔話・民話を絵本にして、もっとその国の理解を深めたい!

海外の昔話・民話を絵本にして、もっとその国の理解を深めたい!

支援総額

161,000

目標金額 600,000円

支援者
18人
募集終了日
2014年8月14日
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

日本が支援している国のことをもっと知りたい。

海外の昔話・民話を絵本にして、日本の子どもたちに読んでもらいたい!

 

はじめまして、ハッピーブックプロジェクト理事の竹田信弥と申します。本好きが昂じて、本の創作や本屋の運営を行ってきました。「ハッピーブックプロジェクト」はその中の一環で、「本で世の中を良くする!」をモットーに、古本を集めて、海外の孤児院に送ったり、現金化して教育支援に寄付したりしております。

 

ある日、海外の友人がこんな事を言いました。『日本の昔話は面白い。日本人がなんで親切なのか、読むとすぐ分かるね』そのとき、思いつきました。いろいろな国の昔話を集めて、子供が楽しめる絵本を作ったら、いままでとは違う国際交流の形がうまれるのではないか、と。そこで今回、発展途上国の昔話を絵本にするプロジェクトにチャレンジします。目的は、支援国の理解を深めること。

 

今回絵本にしたいのはスリランカの昔話や伝説。300冊制作を目指します!しかし、そのための印刷費など制作費用が不足しています。無事に完成した絵本の100冊は日本と支援国の学校・図書館に寄贈、残り200冊は一般販売して、次の絵本作りと寄付に当てて多くの国のお話を広めていきたい!と考えています。

 

 

※画像はイメージです。

 

「本と出会う」「本を読む」

 

私は、小中学生のころに、本の魅力に取り付かれ、高校生のときに、好きが昂じて当時流行っていたネット古書店を1人で立ち上げました。当時は、学生だったのであまり目立ったことはできず、地道に友人や友人の紹介、近所の方たちから本を買い取って、ホームページで売る、といった具合に細々と営業していました。


大学生になり、それなりに規模が大きくなるにつれて、ネット書店の在庫も増えてきました。古本には、どうしても売れない本がある。でも、ただ捨てるのはもったいない。といった悩みが出来ました。そんなとき、海外支援ボランティアの方に、日本語を勉強している現地の子供たちが日本語の本を欲しがっている。カバーがなくてもかまわないのでゆずって欲しいという相談を頂きました。

 

すぐに、捨てずに取っておいた売れない本たちを、ゆずることにしました。現地に送って、半年後、御礼のはがきが届きました。とても感動です。それをきっかけに、特定非営利活動法人ハッピーブックプロジェクトを立ち上げました。主な活動内容は、「不要の本を集める」「集めた本を支援先に贈る」「集めた本を現金化する」です。


古本屋というのも最大限に活かし、買取できず普通は引き取っていただく本などは、寄贈いただくように説明したり、NPOやNGOの本を優先的にインターネットで販売したり、NPO書籍編集を手伝ったりと、いろいろ経験してきました。現在は、リアル書店を2013年開店し、「本と出会う」「本を読む」ことのお手伝いをしております。

 

 


『もっと世界の人々のことを知りたい』

 

日本には多くの海外支援団体が存在します。各地で募金活動に、チャリティーイベントが開催されます。日本がODAを供与した国・地域は181カ国に上ります。(2008年度)しかし、支援国の事をどれだけ知っているのでしょうか。歴史や言語などは学習によって得ることができますが、風土や習慣などを、理解するのは難しいです。

 

※スリランカのガールズホームの様子

 

海外の昔話・民話・神話を集めて、それらを絵本にします。
いろんな人に、その絵本を読んでもらい、

その国の理解を深めてもらいたい。

 

世界各地に、正直者が困難を乗り越えて成功するお話や、貧困から成功に道日かられるお話、鬼(化け物)を退治するお話があります。もちろん、日本にもそういった昔話が沢山あり、小さいころから触れてきました。世界の昔話と出会うと、物事に対する考え方は、遠い国でも私たちと共通する部分があることに感動します。

 

その一方で、新鮮なストーリー展開に、日本に根付いてきた文化とは異なる海外の魅力を感じることができるはずです。何百年、何千年も前から語り継がれてきた、彼らの価値観の一端を形作ってきた昔話を知ることは、その国の根幹を理解する上で、とても重要な役割を担ってくると思います。

 

今回は、私が大学生のころから孤児院の支援をしているスリランカの昔話を絵本にしたいと思っています。この企画が成功したら、他の国の絵本作りをどんどんやっていきたい!

 

 

プロジェクト詳細


製作期間   2014年08月01日〜2014年12月20日(予定)
完成予定日  2014年12月20日(予定)
製作主体     特定非営利活動法人ハッピーブックプロジェクト
発行部数       300部
仕様             A4サイズ/30頁 フルカラー 無線製本(予定)
本の内容       異国の昔話の絵本とその国の歴史年表など

 

海外の昔話と触れることで、新しい知見が増え、支援国および諸外国への理解・関心が深まるようになります。また、支援国(スリランカ)への理解が深まり、支援の輪が広がるよう、皆様のご協力をお願い致します!

 

引換券について


・御礼のメッセージ 特製ポストカード5種類(DL券)

・特製ポストカード5種類(現物)

・電子書籍版の絵本

・本に名前を入れし、贈呈します。

・スリランカグッズ

・スリランカグッズ 絵本画家による似顔絵作成

もっとみる

プロフィール

1986年生まれ。ハッピーブックプロジェクト代表理事。双子のライオン堂店主。「本」を通して世の中が少しでも良くなればと日々思っています。

リターン

3,000

alt

御礼のメッセージ
特製ポストカード5種類(DL券)

支援者
6人
在庫数
制限なし

10,000

alt

御礼のメッセージ
特製ポストカード5種類(DL券)
特製ポストカード5種類(現物)
電子書籍版の絵本
本に名前を入れます。
絵本を1冊、贈呈します。

支援者
11人
在庫数
制限なし

30,000

alt

御礼のメッセージ
特製ポストカード5種類(DL券)
特製ポストカード5種類(現物)
電子書籍版の絵本
本に名前を入れます。
絵本を1冊、贈呈します。
スリランカグッズ

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

alt

御礼のメッセージ
特製ポストカード5種類(DL券)
特製ポストカード5種類(現物)
電子書籍版の絵本
本に名前を入れます。
絵本を2冊、贈呈します。
スリランカグッズ

支援者
0人
在庫数
15

100,000

alt

御礼のメッセージ
特製ポストカード5種類(DL券)
特製ポストカード5種類(現物)
電子書籍版の絵本
本に名前を入れます。
絵本を3冊、贈呈します。
スリランカグッズ
絵本画家による似顔絵作成

支援者
0人
在庫数
10

プロフィール

1986年生まれ。ハッピーブックプロジェクト代表理事。双子のライオン堂店主。「本」を通して世の中が少しでも良くなればと日々思っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

若者の才能を掘り起こす!ダンスカルチャーの革新的舞台!

プロジェクト・オリオン実行委員会プロジェクト・オリオン実行委員会

#音楽

51%
現在
1,287,000円
支援者
80人
残り
11日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする