皆さん、こんにちは阿部です!

 

今回はGRABANAで使用させていただいているモリンガ原料についてお伝えします。

 

 

●フェアトレードに基づいた契約農家様の原料のみを使用

 

 

GRABANAで使用させていただいているモリンガ原料はすべてフィリピン・イロコスノルテ州の提携農家様のものです。この原料売買はすべてフェアトレード取引にて行われており、不要な買いたたきをしない取引をしています。そのため非常に生産意欲のある方々が生き生きと働き、設備の整った施設でモリンガにおいて重要な乾燥工程までをすぐに行うことができるため、モリンガの栄養価を最大限まで引き出すことができる生産体制となっています。

 

 

●生産者の方々の生活がどう変わるのか?

 

 

フェアトレードは現地の生活をどう変えるのか?これは賛否もありますので、詳しく知りたい方はインターネットなどで調べていただきたいのですが、私が個人的に思っていることは、まず目の届く範囲で誠意を持って行われているフェアトレードの役割は、直接的に農家や生産者の生活を向上させるということです。

 

GRABANAで使用するモリンガの生産農家では、次のような改善の例があります。

 

旦那さんが出稼ぎで首都マニラで働き、奥さんが実家で専業主婦をしていた家族は、以前は旦那さんからの仕送りだけでは食べていけなかったそうです。そのため親戚などから借金をして生活をしていました。しかしモリンガ生産に関わるようになってからは、夫婦ともに同じ職場で働くことができるようになり、しかも収入は以前の2倍ほどに上昇、借金もしなくなり、4人の子供たち全員が学校に通えるようになりました。

 

また別の事例では、薪を焚いてごはんを作っていた家庭では、モリンガ生産に関わることによってガスコンロを買うことができるようになりました。火事の心配もなくなりますし、何よりずいぶんと楽に料理が作れるようになりました。

 

このように、GRABANAではまず原料からヘルスシェアにこだわった取引をし、GRABANA製品を生産してまいります。

新着情報一覧へ