プロジェクト概要

 

姫路市市民会館で認知症についての知識を

広めるためのイベントを開催します!

 

こんにちは!「ひめじ おれんち゛プロジェクト」事務局上北です。「ひめじ おれんぢプロジェクト」は、認知症啓発イベントをやろう!ということで某大学准教授を座長に、地域に密着した企業さんや新聞社、医師会からも参加を頂き、固そうだけど実はゆる~い、だけど思いと夢はとても熱いメンバーで始めました!

 

2016年6月11日、姫路市市民会館大ホールで認知症啓発イベントを開催し、多くの方に認知症の知識を広め、身近な問題として考えてもらいたいと思っています。

 

どこからの補助も何もなく、メンバーの思いだけで進めてきた私どもには今回のイベント運営を行っていくための費用、30万円が不足しています。ぜひご支援をよろしく願い致します!

 

ひめじ おれんぢプロジェクトのメンバー

 

毎年増えている100歳以上の高齢者!

2025年には700万人が認知症?!

 

日本では100歳以上の高齢者数が、毎年過去最多を更新しています。加えて、長期的な出生数の減少に伴う若年人口の減少もあり、高齢化が急速に進行しています。

 

厚生労働省の発表によれば2012年時点で全国に約462万と発表された認知症の人数が、2025年には700万人を超えると予想されています。 

 

 

一般の方々に、もっと認知症について知ってもらいたい!

 

今回のイベントは、介護・高齢・医療分野における数々の研究、研修、啓発事業などを行い、兵庫県認証地域密着型サービス第三者評価機関でもある、(仮認定)NPO法人姫路市介護サービス第三者評価機構が研修啓発事業の一環として「ひめじ認知症啓発協議会」を立ち上げ、始めたものです。

 

そしてその活動中で昨年、「認知症の人と家族の会」兵庫県支部副代表より、一般の方々に認知症に対する理解をもっと深めてほしい!認知症のことをもっと知ってほしい!という熱い思いを伺いました。

 

そこで、一般の方々にもっと認知症に対する理解を深めてもらう為の認知症啓発イベントを開催することに決めたのです。

 

(これまでの活動)姫路市における認知症サポーター養成講座の運営

 

熱い思いを持った地域の有志メンバーで

ひめじおれんち゛プロジェクトを立ち上げました

 

誰でもわかるフォーラムやろう!認知症サポーターや認知症に興味のある方々にもっと色々知ってもらう研修やフォーラムもやろう!わかりやすいパンフレットやリーフレットとかもいいんじゃない?認知症の人の家族の方々のご負担を軽減するためのファミリーサポートとかも必要だよね?そして何より、幅広い分野から協働協賛してやっていかないと、誰にとってもわかりやすくて、根付いていく啓発活動にならないよね?

 

ということで認知症の人と家族の会の方+某大学准教授を中心に、地域の運送事業、金融機関、医師会、小売業などなど、実際に街で認知症の方々と接する有志が集まり、「ひめじ おれんち゛プロジェクト」が立ち上がりました。

 

(これまでの活動)認知症サポーターフォローアップ研修会

 

最後を迎える覚悟というテーマでも、みんくるカフェひめじを開催しました

 

おれんぢプロジェクトの愛称は

認知症カラーの「おれんち゛」×我が家の「おれん家」

 

協議会の愛称である【ひめじ おれんち゛】は、認知症カラーであるオレンジと、地域を結びつけ、また我が家でもある意味の「おれん家」を掛け合わせた意味。みんなが理解し地域で支え合えることを表し、目指しています!

 

 

イベントのテーマは

認知症の理解~姫路市の現状と未来~

 

「ひめじ おれんち゛プロジェクト」が行う記念すべきプロジェクト第一弾!

まずは認知症を、少しでも知ってもらおうよ、親しみを持ってもらえる話をしようよ、身近な話題にしてもらおうよ!という事で、誰にでもわかる!を目指した講演、パネルディスカッションなどをやります!

 

 

日程:2016年6月11日

時間:姫路市市民会館大ホール 14時開演予定

 

テーマ:認知症の理解~姫路市の現状と未来~

(進めよう!深めよう!わがまちの認知症ケア)

 

基調講演:寺島 明 先生
(兵庫県立姫路循環器病センター 高齢者脳機能治療室長 中播磨認知症疾患医療センター長)

 

パネルディスカッション:街の現場ではどう認知症の方々と接している?
(認知症の方々と接する機会のある、街の企業さんなどに語って頂きます)

 

紹介他:参加しよう!認知症サロンへ!
(あなたの近くにも!認知症に対する理解を深めたり情報を共有したり、みんなでワイワイいう場が!何をやってるのか聞いてみて~)

 

後援:姫路市・神姫バス・サンテレビジョン・神戸新聞

後援申請中:姫路市医師会

 

聞けば「ああそうだったのか!」「そんなことあるんだ!」など目から鱗ネタ満載になるよう、誠意準備中です!

認知症に興味のある方、ご家族や親類ご近所に認知症の方がいらっしゃる方、まだ若いけど知っておきたい!などなど、動機興味はどのような形でも構いませんので、より、幅広い人々へ、少しでも認知症の啓発が進めばと思います。

 

 

今回のイベントを第一弾とし、さらに大きなイベントを!

2016年9月21日、アルツハイマーデーに

世界文化遺産、姫路城のオレンジ色ライトアップを計画中です

 

「ひめじ おれんち゛プロジェクト」の活動は、まだ始まったばかりです。この第一弾となる認知症啓発イベントを通し、より多くの方々に私どもの活動や趣旨を理解して頂き、現在計画中の様々な啓発活動、認知症サポーターや興味がある方々への情報提供やスキルアップ、認知症の人のご家族のケアなど、認知症を知ってよ!認知症に対して理解を深めてよ!を推進していくことが可能になります。

 

また、今回のイベントが成功すれば2016年の活動計画最大の山場であります、9月21日世界文化遺産、姫路城のオレンジ色ライトアップを中心とした大規模啓発事業につなげていくことが可能になると考えています。

 

9月21日はアルツハイマーデーってご存じでしょうか?
そのアルツハイマーデーに、世界遺産姫路城をオレンジにライトアップします!

 

資金の使い道

 

会場費:49,500円
会場舞台操作委託料:89,000円
会場設備費:15,000円
会場スタッフ人件費:40,000円

講演依頼費:55,000円

広報費:52,000円(チラシ・ポスター等、配布及び送付料込み)

 

また、目標額を超過した際には、今後の認知症啓発活動のための啓発用のパンフレット・リーフ・ステッカー・キャラクターなどの作成費、認知症のファミリーケアや啓発・研修・広報活動など「ひめじ おれんち゛プロジェクト」趣旨に沿った有効な内容に使用させて頂きます。

 

リターンについて

 

◆お礼のお手紙

 

◆オリジナルステッカー

 

◆オリジナルTシャツ

 

・認定NPO法人等(当機構です)発行領収書(税務上の優遇内容は国税庁HP等でご確認下さい)

 

すでに皆様方の身近な課題でもある認知症、その理解を広くお伝えする為にも、どうか温かいご支援よろしくお願いいたします。

 

 

 


最新の新着情報