READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

今、可哀想な命を救っても殺処分は無くなりません。蛇口の元を閉めよう

今、可哀想な命を救っても殺処分は無くなりません。蛇口の元を閉めよう
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月31日(火)午後11:00までです。

支援総額

2,451,000

目標金額 2,750,000円

89%
支援者
346人
残り
58時間 24分

応援コメント
panjamako
panjamako12分前少しですが参加させてください少しですが参加させてください
舞美
舞美2時間前わずかですがご支援させていただきます。殺処分がなくなる未来を心から願います。ポスターで多くの子供たち、大人たちに知ってもらえますように。応援していま…わずかですがご支援させていただきます。殺処分がなくなる未来を心から願います。ポスターで多くの子供たち、大人たちに知ってもらえ…
amo_shima
amo_shima2時間前わずかですが少しでもお役に立てればと思います。不幸なわんちゃん、猫ちゃんがいなくなる世界に!わずかですが少しでもお役に立てればと思います。不幸なわんちゃん、猫ちゃんがいなくなる世界に!
プロジェクトの支援にすすむ
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月31日(火)午後11:00までです。

プロジェクト本文

殺処分ゼロへ!蛇口の元栓を閉めましょう!!

今、可哀想な命を救っても、また生まれて来てしまうという現実にも目を向けて下さい!

保護犬が生まれる蛇口の元栓を閉めなければ、いつまでたっても殺処分は続くのです。

何十年と続いてきた負のスパイラルをなんとしても止めなければなりません!

 

どうか、この全国規模のプロジェクトのサポーターになって下さい!!

(*環境省が後援していますが、活動資金が出ている訳ではありません)

 

保護犬を生み出す蛇口の元栓は、人々の意識と価値観(犬を買う消費者行動)にあります。これを変えなければ、保護犬はいつまでたっても生み出されてしまいます。

「需要(安易に流行の犬種を飼いたいというような)」を無くさなければ、悪質な繁殖や生体販売という「供給」の構造は無くならないでしょう。

殺処分の数は数字の上では年々減っています。しかし、その分引き出しをする愛護団体や、個人の預かりさんの負担が増えパンク寸前になってしまっています。

また、保護された犬に対しての引き取り手が圧倒的に少ないのが現状です。

 

後援・環境省 将来を担う子どもたちが日本の動物愛護のリーダーになる!

これまで保護わんでは、子どもたちに命の大切さを伝え保護犬の存在を知ってもらうための啓発ポスターを製作し、東京都教育庁をはじめとする461の地域の教育委員会を通じて、全国47都道府県の13,563ヶ所の小中学校、高校、特別支援学校などへ掲示するプロジェクトを行なってきました。(R4.8.23現在。学校により掲示スペースの問題など、校長判断で掲示出来ないケースもあります)

 

そして今回、環境省の後援を受けて、保護犬の啓発ポスターの掲示を更に15,000ヶ所を目標に増やして、合計30,000ヶ所を目指します。

ポスターの掲示は学校だけでなく、様々なお店や図書館、公民館、区役所等各種施設、幼稚園、少年院などにも幅広く掲示しています。

参考:日本全国の全ての小中高校の総数は計33,997校(文部科学省 令和4年度学校基本調査による)  

子どもたちに保護犬の啓発ポスターに掲載された幸せになった元気で可愛い保護犬たちの存在を知ってもらい、保護犬や動物へ関心を向けたり、命の大切さを知ることで子どもたちに「安易に犬を飼(買)ったり、無責任に捨てたりしてはいけない」という価値観を持って貰います。

すでに「我が家でも保護犬を迎えた」との声を数多く頂き、啓発の効果が出ています。

 

また、そうして子どもたちが社会人となる近い将来に、保護犬や動物に対する社会全体の意識と価値観が変わることで、人間と動物の共生の明るい未来を作ることが出来ます。

決してそれが先の事であるとは思わないで下さい。法律は何十年たっても中々変わらず、実効性も弱いのが現実です。

5~10年後を見据えても、このプロジェクトはとても現実的なものなのです。

 

つなぐ命♡みんな家族

犬を飼おうと思ったら

ぼくたちの事も見てほしいな

きっとあなたの素敵な家族になるよ

自信があるんだ!

ポスターのデザインと文言は、これまでには無い明るいイメージで命の大切さを伝える、学校などにも掲示しやすいコンセプトで考えられています。

これまでの啓発ポスターは、暗いイメージで、可哀想で同情を誘う写真などを使い、強烈で怖い文言で表現をするものが殆どでした。

 

確かに保護犬の問題には悲しい現実、酷い現状もあります。

しかし、その事をただ伝えるだけでは問題解決の糸口はつかめません。

そうしてしまうと、逆に恐いとか哀しいと敬遠されたり、人によってはトラウマになってしまう可能性があるからです。

なるべく違和感を感じさせることなく、特殊ではないメッセージで、自然に目を向けてもらえる様にしています。

 

保護犬について最近ではマスコミに取り上げられる機会も増えてきましたが、世間ではまだまだ保護犬の問題は知られていません。

私たち一人一人が問題を知り考えて変わらなければ、本当の意味での実行性のある法律の改正も難しいですし、犬を家族に迎える方法も一向に変わりません。

命の大切さを知ってもらい、動物との共生の大切さと素晴らしさを伝える事が、大変重要なことなのです 。

つなぐ命〜あなたが大切な命をつなぎます〜

みんな家族〜ずっと家族でいてあげて下さい〜

欧米に比べて大きく遅れている日本の動物愛護を変えていきましょう。 

 

プロジェクトスケジュール(環境省提出書類より)

令和5年3月~4月

ポスターの製作(印刷)

 

令和5年5月~7月

(1)各教育委員会との交渉、承認手続き、ポスターの発送。

*約200地域の教育委員会との交渉を想定。

(2)一般への掲示依頼、ポスターの発送。

*約400ヶ所への掲示を想定。

 

令和5年9月~11月

(1)各教育委員会との交渉、承認手続き、ポスターの発送。

*約200地域の教育委員会との交渉を想定。

(2)一般への掲示依頼、ポスターの発送。

*約400ヶ所への掲示を想定。

 

令和6年2月~3月31日

(1)各教育委員会との交渉、承認手続き、ポスターの発送。

*約150地域の教育委員会との交渉を想定。

(2)一般への掲示依頼、ポスターの発送。

*約200ヶ所への掲示を想定。

 

令和6年4月~令和7年3月31日

各学校にポスターが掲示されている期間。

*掲示期間の長さは各学校の事情による。

 

・年末年始、年度末、新年度、夏休み前後は各学校が繁忙な時期であるため、各教育委員会との実質の交渉作業は8ヶ月間程度となる。

・ポスターは各教育委員会の承認を受け、各学校がポスターを受け取り次第掲示される。掲示期間は半年から1年と想定(各学校の事情による)。

・最後の交渉が令和6年3月31日である為、その時点から掲示期間が1年として、令和7年3月31日までの期間となる。 

 

収支予算(環境省提出書類にもとずく)

○ポスター製作費(印刷費)850,000円

○郵送費 680,000円

○梱包費 320,000円

○雑費 80,000円

○旅費交通費 270,000円

○人件費(無償のボランティアによる)0円

○リターン品(粗品)制作費・送料 187,000円

○クラウドファンディング手数料(税込) 363,000円

計 2,750,000円(クラウドファンディング目標金額)

 

・本プロジェクトの支出に関しては、運営が全て無償のボランティアによって行われていますので、すべて実費になります。

・予算の過不足の対応については、予算が不足した場合には当団体が補填し、予算が余った場合には、次の同様のプロジェクトへ回します。

 

 

*環境省より「後援 環境省」のクラウドファンディングでの使用の許諾を取得済み。

プロジェクト実行責任者:
巽 祐一郎(一般社団法人 保護犬のわんこ)
プロジェクト実施完了日:
2025年3月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

・保護犬の啓発ポスターを15,000ヶ所の小中高校等と一般に掲示する。 ・資金使途 ポスター製作費(印刷費)850,000円、郵送費 680,000円、梱包費 320,000円、雑費 80,000円、旅費交通費 270,000円、リターン品(粗品)製作費・送料 187,000円、クラウドファンディング手数料(税込) 363,000円

プロフィール

保護わん(一般社団法人 保護犬のわんこ)

保護わん(一般社団法人 保護犬のわんこ)

私たちは『犬を飼う第1選択肢を保護犬に!』という思いで、保護犬の里親約900名と仲間が集まった動物愛護団体・保護わん(一般社団法人 保護犬のわんこ)と申します。 これまで「保護犬の写真集」を作って全国の小中学校と図書館に寄贈を行ったり、「保護犬のかるた」を作って子どもたちに遊びの中から保護犬の存在を知ってもらう活動を行い、とても高い評価を得てきました。そして今回のプロジェクトでは、環境省の後援を受けて全国30.000ヶ所(累計)の小中高校や一般に保護犬の啓発ポスターの掲示を目指すアクションです。 なにとぞ、ご支援をよろしくお願いいたします!!

リターン

2,000+システム利用料


alt

お礼のポストカード

・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
64人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

3,000+システム利用料


缶バッチキーホルダー

缶バッチキーホルダー

・缶バッチキーホルダー(直径44mm)1個
*商品はご寄付に対する粗品になります。
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
109人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

5,000+システム利用料


Aタイプ|アクリルキーホルダー

Aタイプ|アクリルキーホルダー

・アクリルキーホルダー1個(7㎝×3.5㎝程度を予定)
*商品はご寄付に対する粗品になります。
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

5,000+システム利用料


Bタイプ|アクリルキーホルダー

Bタイプ|アクリルキーホルダー

・アクリルキーホルダー1個(7㎝×3.5㎝程度を予定)
*商品はご寄付に対する粗品になります。
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

5,000+システム利用料


Cタイプ|アクリルキーホルダー

Cタイプ|アクリルキーホルダー

・アクリルキーホルダー1個(7㎝×3.5㎝程度を予定)
*商品はご寄付に対する粗品になります。
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

5,000+システム利用料


Dタイプ|アクリルキーホルダー

Dタイプ|アクリルキーホルダー

・アクリルキーホルダー1個(7㎝×3.5㎝程度を予定)
*商品はご寄付に対する粗品になります
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

10,000+システム利用料


プロジェクト限定サポーターズカード

プロジェクト限定サポーターズカード

ご支援してくださっている事を証明する記念のPVCプラスチック製カードです。
ご支援順にナンバリングを入れていきます。
・プロジェクト限定サポーターズカード1枚
*商品はご寄付に対する粗品になります。
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
31人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

10,000+システム利用料


alt

1万円|応援コース

ご支援の全てをポスターの製作と掲示に当てさせていただきます。
・サンクスメールもしくはお礼のポストカードをお送りします!

支援者
61人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

20,000+システム利用料


全てのキーホルダー 計5個

全てのキーホルダー 計5個

・全種(A.B.C.D)アクリルキーホルダー計4個(7㎝×3.5㎝程度を予定)
・缶バッチキーホルダー(直径44mm)1個
*商品はご寄付に対する粗品になります。
・お礼のポストカードをお送りします。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

30,000+システム利用料


alt

3万円|応援コース

ご支援の全てをポスターの製作と掲示に当てさせていただきます。
・サンクスメールもしくはお礼のポストカードをお送りします!

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

50,000+システム利用料


alt

5万円|応援コース

ご支援の全てをポスターの製作と掲示に当てさせていただきます!
・サンクスメールもしくはお礼のポストカードをお送りします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

100,000+システム利用料


alt

10万円|応援コース

ご支援の全てをポスターの製作と掲示に当てさせていただきます!
・サンクスメールもしくはお礼のポストカードをお送りします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

300,000+システム利用料


alt

30万円|応援コース

ご支援の全てをポスターの製作と掲示に当てさせていただきます!
・サンクスメールもしくはお礼のポストカードをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

500,000+システム利用料


alt

50万円|応援コース

ご支援の全てをポスターの製作と掲示に当てさせていただきます!
・サンクスメールもしくはお礼のポストカードをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

プロフィール

私たちは『犬を飼う第1選択肢を保護犬に!』という思いで、保護犬の里親約900名と仲間が集まった動物愛護団体・保護わん(一般社団法人 保護犬のわんこ)と申します。 これまで「保護犬の写真集」を作って全国の小中学校と図書館に寄贈を行ったり、「保護犬のかるた」を作って子どもたちに遊びの中から保護犬の存在を知ってもらう活動を行い、とても高い評価を得てきました。そして今回のプロジェクトでは、環境省の後援を受けて全国30.000ヶ所(累計)の小中高校や一般に保護犬の啓発ポスターの掲示を目指すアクションです。 なにとぞ、ご支援をよろしくお願いいたします!!

あなたにおすすめのプロジェクト

放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語 のトップ画像

放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語

耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )

#地域文化

25%
現在
206,000円
支援者
15人
残り
33日
横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中! のトップ画像

横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中!

永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)

#まちづくり

継続寄付
総計
25人

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする