<高校生にお話をしてくださる、日渡水産の昆野さん>


さて、気仙沼のドライフードの良さを見つけようと意気込む高校生たち。
どうやったら、それを達成できるでしょうか?

そこで高校生たちはインタビューをすることにしました。


インタビューで第一人者にお話を聞き、
さらに質問で深堀りしてそこから発見を集めていきます!

インタビューすることで、その人しか知らない情報や、その人自身の考えなどを深く知ることができます。

今回お話を伺うのは、気仙沼で50年以上も鰹節生産をしていらっしゃる、
日渡水産の昆野さん。「高校生のために」とお時間を取っていただきました。


ずっとなまり節を作り続けてきた昆野さんの視点からは、
高校生が予想だにしなかった、気仙沼のなまり節が持っている良さ、
そしてなまり節を取り巻く状況が長い視点でどのように変化してきたかが、とても鮮明に見えているようです。

さて、どんなお話を伺うことができたでしょうか?

気になるその内容は、次回!お知らせします。


(のだゆり)

新着情報一覧へ