クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

気仙沼の高校生が考案!地元食材を活かした新商品「なまり節ラー油」を全国に届けたい

小川悠(i.club)

小川悠(i.club)

気仙沼の高校生が考案!地元食材を活かした新商品「なまり節ラー油」を全国に届けたい
支援総額
1,695,000

目標 1,400,000円

支援者
154人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2013年07月23日 15:54

15.第2回活動レポート!③

 

【7月15日(月)@気仙沼 第2回活動

「新しいなまり節の食べ方をデザインする!」活動レポート!】
 

 

次は、実際に、
「誰が、誰と、どこで、いつ食べるのか?」
というシーンを想定していきます。

実際に誰かが食べるシーンを想定することで、
ターゲットに合わせた提供の仕方を学んでいきます。





食卓研究家の新田さんから、
「料理とは何か?
ターゲットに合わせた料理を考えることが、なぜいいのか?」
といったことを学んだ高校生たち。



新田さんのお話と、
自分たちが実際に、家族や友人、先生に食べてもらって
もらった感想をエッセンスとし、
「誰が、どこで、いつ食べるのか?」を考えていきます。


 

そして、そのシーンを達成するために
どんな要素が必要か考えていきます。

例えば、このチームは
「家族団らん、子供もおじいちゃんも、みんなで食事を囲んでわいわい話しながら食べてほしい!」
というシーンを想定しました。


「油っぽさが抑えられていたほうが、おじいちゃんも食べられるよね!」

「たくさん作れたほうがいい。洗い物も少ないほうが。お母さんだけじゃなく、みんなで作れたらもっといいね」

などなど、さまざまな意見を出し合う高校生たち。

 

シーンを想定して、それに合わせた食べ方を考えるということ。
それは、食べてもらう人を想うということです。

 

高校生たちのなかに芽生えた、
「自分たちの作ったものを、おいしく、楽しく食べてもらうために、できる限りの工夫がしたい!」
という気持ち。

この気持ちこそ、イノベーションの種になります。

 

次は、このシーンと、それに必要な要素を満たすレシピを
チームごとに考えて行きます!




(のだゆり)

 

 

 

一覧に戻る

リターン

5,000円(税込)

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)
・活動報告書へのお名前の記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
99人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)
・「昆野さんのなまり節!」(1パック)
・高校生からのサンクスレター
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
51人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)×2
・「昆野さんのドライフード!」スペシャルセット
・高校生からのサンクスレター
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)×2
・「昆野さんのドライフード!」スペシャルセット
・「高校生がチョイス!食べらいん!気仙沼のドライフード!」スペシャルセット
・高校生からのサンクスレター
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
2人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)×3
・「昆野さんのドライフード」(1個)
・「高校生がチョイス!食べらいん!気仙沼のドライフード!」スペシャルセット
・高校生からのサンクス寄せ書き(高校生全員がメッセージを書きます)
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする