これまでIDFCのReadyForプロジェクトを応援頂いた皆さま、チェーズーティンバーデー(ありがとうございました)!

 

ReadyForに挑戦した30日間、本日10月24日という「デットライン」がいつも頭の片隅にあり、ハラハラ・ドキドキの毎日でした。そんな今日という日を、目標達成という最高の形で迎えられたことを嬉しく思います。

 

「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えたい方は数えきれません。
IDFCの想いに共感してご支援・ご声援を下さった皆様、シェアやいいね!で応援してくれた学生の友人たち、絶えずサポートしてくださったReadyForの方々、そしてトップページから更新情報に至るまでIDFCの魅力を余すことなく伝えきってくれたメンバーのなっちゃんこと大場夏希さん、皆さんにIDFCを代表して感謝の気持ちを伝えたいと思います!


チェーズーアミャーイーティンバーデー(本当にありがとうございました)!!!!!

 

皆さまのご支援のおかげで、目標としていた12月の会議を実施できる準備が整いました!本日、ようやくスタートラインに立つ思いです。


ReadyForに挑戦した今だからこそ、多くの方からの「共感」と「期待」、そして同時に「責任」を強く感じています。IDFCを、若者同士の交流の場としてキレイにまとめるだけで満足するわけにはいきません。「日本とミャンマーの絆を若者から築く」というビジョンを本気で実現するために、12月の1週間で何ができるか、また来年以降はどう継続させるのか、まだまだ貪欲に考え抜いていきます。


これからもIDFCの挑戦はFacebookページで更新していきます。
引き続き、IDFCをよろしくお願い致します!

 

IDFC日本側実行委員会代表 橋本悠

新着情報一覧へ