ハラハラドキドキの開始日から6日目。

いなりもり保育園をご存知の方々だけでなく、初めて知ってくださった方々にも、

ご支援いただいていることが何よりも嬉しく、幸せに思います。

皆さん、ありがとうございます!!

 

これからご紹介するのは、保護者の皆さんが主催する、恒例の「餅つき」のようすです。

今、殆ど見られなくなった「餅つき」の風景。

だからこそ、子ども達に経験させたいと思っています。

 

餅つき隊3人のお父さんたち。火加減を見ながら釜戸で蒸し上げます。

蒸し上がりのいい匂いが漂ってきました。

蒸したてホカホカのもち米ご飯を一口ずつ。

お口を開けて待つ子どもたちは小鳥さんのよう。

ちゅうりっぷさん(=年少)は先生と一緒にぺったんこ。

たんぽぽさん(年中)とすみれさん(年長)は「よいしょお~!」の声で

一人で杵を持ち、ぺったんこ。

つきたてお餅はやっぱり最高!

豚汁も保護者の方々が、朝から用意してくれました。

ごちそうさまでした。

 

新着情報一覧へ