クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

多くの子に奨学金を!世界中の子どもが軽井沢でリーダーシップを学ぶ「ISAKサマースクール」

小林りん(全寮制国際高校 ISAK 代表理事)

小林りん(全寮制国際高校 ISAK 代表理事)

多くの子に奨学金を!世界中の子どもが軽井沢でリーダーシップを学ぶ「ISAKサマースクール」
支援総額
2,848,000

目標 2,500,000円

支援者
78人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2013年03月18日 11:12

ISAKで学ぶ「多様性」とは

 

将来アジアを担うリーダーを育てるためにISAKが大切にしているバリューの一つに、「多様性への寛容力」があります。具体的に、教育現場でどのような学びがあるのか?校長のロッドが、昨年のサマースクールで感じたことをシェアしてくれました。

 

ロッド校長への質問:
ISAKのサマースクールでは「多様性」についてどのような学びがあるのですか?

 

ロッド校長の回答:
「私の出身地アメリカでは、「多様性」というと大抵人種に関することが議題にあがります。

しかし私は昨年のISAKサマースクールで、多様性とは人種の違いだけを指すのではないと気付かされました。

母国の紹介プレゼンテーションを行ったチベット人の生徒が、聞き手の中に中国人の生徒がいることに気づき、お互いどうしたら理解し合えるのか、議論になった場面があったのです。

多様性を受け入れることは、人種だけでなく、文化、宗教、価値観といったあらゆる違いを許容し、理解しようとする姿勢を見せることなのですよね。

ISAKの生徒は、異なるバックグラウンドを持つ仲間と寝食を共にする中でたくさんのことを共有し、議論し、経験していきます。

私はそれこそが、ISAKの持つインパクトだと思うのです。
そして、これから多様化が加速する世界において、十代の子どもたちをこうした教育環境に置くことが、とても大切だと思っています。」

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*支援者様用メーリングリストへの登録と定期的な進捗情報のアップデートを行います。
*サマースクールに参加した学生からのサンクス・レターをお贈りいたします。

支援者
24人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記2点に加え、
*ウェブサイトの支援者ページへお名前を掲載させていただきます。(ご希望の方のみ)
*ISAKオリジナルバインダー(サマースクールで学生が実際に使用するもの)をお贈りいたします。

支援者
27人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

上記4点に加え
*ISAKオリジナルTシャツをお贈りいたします。

支援者
10人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

上記5点に加え、
*軽井沢で行われるサマースクールへご招待し、ISAKの授業参観と生徒・スタッフと交流していただけます。(交通費に関しては自己負担でお願いいたします)
*ウェブサイト支援者ページへのお名前と一言メッセージを掲載させていただきます。

支援者
21人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする