テレビの情報番組、ネット、タウン誌での飲食店の紹介や、食レポは数知れず、地元の情報も沢山流れています。しかし、商業ベースに乗った情報を鵜呑みにできず、「なかなか足が向かない!」なんてことありませんか?

 

20代、30代、40代、50代以上の4人一組で、「食レポ」にチャレンジ(体験)します。
会員から募集した応募者の中から無作為にチーム編成し、飲食店を訪れます。
初対面で、ジェネレーションギャップのある4名に会話のネタは無いので、まずは、飲酒の有無を気にせずドリンクを注文し、自己紹介などを行います。
乾杯後、お店お勧めのメニューを4点注文し、「食レポ」の作戦を打ち合わせします。写真はどう撮るか、コメントはどう記録するかなどなど、「ITらんど」のHPにどのようにレポートするかを簡単に話し合いし、世代間格差を意識しながらも、「食レポ」の目的を共有します。

 

お勧めのメニューが届いたら、写真、五感の感想、意見などのコメントを記録しながら、マイペースで食します。
ここまでが、「食レポ」の原稿となります。

その後は、各自好きなメニューを一品づつ注文し、「食レポ」を離れて、世代間の交流、親睦を深めてもらえればと思います。
また、この貴重な交流の時間の「レポート」も、併記してもらえると楽しいかもしれません。

 

「ITらんど」会員は、この「食レポ」を見て、意見や感想と同時に、ポイントを投稿できるようにしたいと考えています。
獲得したポイントに応じて、「ITらんど」から、取材費的な寸志が贈られます。

 

--------------------
このような、個人的な嗜好や、商売に関連する情報は、様々な要因から歪曲され、正しく伝わらない傾向があるとは思います。
しかし、地域の食文化を知り、世代を超えた交流の中から、さらなる地域の「人の交流」が生まれることを促進するために、手作りの情報を発信することには、大切な意義があると思っています。

 

新着情報一覧へ