皆さま、こんにちは。

 

IVYイラク事務所の片野田です。

 

NHKで、IVYのイラクでの越冬支援について

2度も取り上げていただけた効果もあってか

これまで合計で77人、72万5千円のご寄付をいただきました!

ご支援してくださった皆さまに、改めて感謝申し上げます。

 

プロジェクトの残り期間は、2週間を切りました。

あと77万5千円を集められなければ、今まで皆さまに

せっかく入れていただいた寄付金も、返還しなければなりません。

 

イラクの避難民キャンプで、寒さに耐えながら生活している方々に

絶対に暖かいコートを届けたいと思いますので

これまで以上に、シェアやいいね!で応援して頂けると幸いです。

 

(現在のイラク避難民キャンプ。写真はイラクのNGO・RNVDO提供)

 

イラクでは、クルド自治政府とイラク政府の政治的対立が続いています。

 

イラク政府は、現在はクルド自治政府が管理している国境や空港を

イラク政府の管理下に置くなど、条件が満たされれば

対話を始めると主張しています。

 

政治的混乱が続く一方、キャンプに住む避難民の方々の生活は

厳しさを増しています。

 

すでに、避難民キャンプがある地域では

寒い日の朝晩、気温が0度以下になっています。

防寒着を持っていない避難民の方々にとっては、耐え難い寒さです。

 

地元政府・国連・NGOが集まり、支援ついて話し合うミーティングでも

キャンプで冬服を配布する必要がある!と話し合われています。

 

出来るだけ早く、避難民の方々にコートを届けたいと思います。

皆さまのご支援、よろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ