READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

イラク避難民キャンプに厳しい冬を越すためのコートを配りたい!

認定NPO法人IVY

認定NPO法人IVY

イラク避難民キャンプに厳しい冬を越すためのコートを配りたい!

寄附総額

1,625,000

目標金額 1,500,000円

寄附者
152人
募集終了日
2017年12月19日
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

終了報告を読む


16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2017年12月05日 14:27

12/9(土)仙台で「難民ワークショップ」開催!参加者大募集!

みなさま、こんにちは。IVY安達から、本日2つ目のお知らせです。

 

2015年から全国で開催されてきた「難民ワークショップ」が、今週の土曜日、仙台でも開催されることになりました!

 

今回のファシリテーター(進行役)は、私が務めさせていただくことになりました!このクラウドファンディングや支援についても、直にお話させていただきます。

 

今週末、仙台でお目にかかりましょう!

 

 

 

 

日時:12月9日(土)14:40~16:10(90分)

会場:東北学院大学土樋(つちとい)キャンパス

   コラトリエ・リエゾン:ワークショップコート 

 

参加費:無料 *この事業は外務省「NGO相談員出張サービス」の助成を受けて実施されます。

 

申込方法:

メールのタイトルに、「難民ワークショップ」希望、と記載の上、本文にご所属、お名前、ご連絡先を明記の上、12月7日(木)17時までに以下のメールアドレスにご連絡をお願いします。

●申込先とメールアドレス

東北学院大学地域共生推進機構(学長室地域共生推進課)

kikou@staff.tohoku-gakuin.ac.jp

 

この「難民ワークショップ」は、私たちがイチから作った、まったくのオリジナルです。シリアや難民のことを身近に感じていただきたいと、紛争前のシリアを知っている青年海外協力隊シリアOVの皆さんと、難民支援の現場を体験中のIVYとのコラボで、2015年に作りました。

 

私たちと同じ、ふつうの暮らしをしていた人たちが、ある日、家や故郷を追われるということ。国境を越えて、自分が「難民」になるということ。「難民」という身分で、外国で暮らすということ。

 

それがどういうことなのか、、、東日本大震災を体験した東北、日本のみなさんといっしょに体験し、考えてもらいたいと思い、IVYが実際に聞いた、難民の方々の話をもとにつくりました。

 

東北学院大学のサイトにも掲載されています。

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/iprc/news/1361.html

 

お申込み、お待ちしています!

 

主催:東北学院大学地域共生推進機構

   宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1

   TEL:022-721-3289

共催:認定NPO法人IVY

助成:外務省

 

 

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

alt

あなたの支援で2人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
*5,000円で、コート2着分(男女各1着)の購入費となります。

寄附者
83人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

10,000

alt

あなたの支援で4人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
●越冬支援の詳細をお伝えするニュースレター
●ポストカード
*10,000円で、コート4着分(男女各2着)の購入費となります。

寄附者
68人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

50,000

alt

あなたの支援で20人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
●越冬支援の詳細をお伝えするニュースレター
●ポストカード
*50,000円で、コート20着分(男女各10着)の購入費となります。

寄附者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

100,000

alt

あなたの支援で40人が冬を越せます

●寄附金領収書
●お礼のメッセージ(E-mailでお届けします。)
●越冬支援の詳細をお伝えするニュースレター
●ポストカード
100,000円で、コート40着分(男女各20着)の購入費となります。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

プロジェクトの相談をする