おかげさまで、9月23日(日)に、天候と波に恵まれて大会を開催することができました。

 

 

 

参加選手20名、スタッフ・ボランティア約50名、その他、観覧にいらっしゃった方が会場に多くいらっしゃり、会場の太東海水浴場には、300名以上の人で賑わいました。

 

ご支援いただいたことで、選手とサポートするボランティアが着用するゼッケンジャージが準備でき、ロゴ入りのテントも新たに準備することができました。

 

 

 

車イスでも段差を行き来できるようなスロープと、砂に埋まらないためのビーチマットも設置しました。

 

これによって、普段、この太東海水浴場ではコンクリートの部分までしか車イスでいけないのが、波打際のギリギリまで行くことができました。

 

各クラスのファイナリストです。

 

AS-5

 

笑顔がとっても素敵です!!

 

AS-4/VI

 

参加選手はとても楽しそうでした!!

 

AS-2

 

 

日本で初めての開催だった、「チャレンジドキッズクラス」の子どもたち

 

大人顔負けのサーフィンをしていました!!

 

 

今回、エントリー数が最も多かったAS-1のクラスのファイナリストです。

 

障害を感じさせないくらいのカッコイイサーフィンをしていました。

 

何よりも参加した選手だけではなく、スタッフやボランティア、関わった多くの方々みんなが笑顔で過ごすことができた、最高の大会になりました。

 

大会前日は雨が降り、翌日も雨でしたが、当日は終日天気が良く、9月の後半にしては夏のように日差しが暑く感じる時間帯もありました。

 

そして、サーフィンの大会に重要な波は、前日のハードコンディション、翌日のフラットコンディションを見ると、本当にちょうど良く、最高なコンディションで大会を開催することができました。

 

これは、ご支援してくださった皆さんのお気持ちが届き、最高のコンディションとなったのだと思っております。

 

 

皆様の思いが形になったこの大会は、多くのメディアにも取り上げられる予定になっています。

 

9月23日夕方のTBS「Nスタ」で早速取り上げていただきましたので、ぜひご覧ください。

 

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3480629.html

 

 

今後もレポートを続けていきます。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

新着情報一覧へ