こんにちは。中央大学杉並高校三年の山崎和香です。



私がこのブータン研修をはじめたきっかけは「ブータンなんて一生行かないだろうし行ってみたいなぁ」という軽い気持ちでした。しかし、実際にブータン研修を経て、色々なことを見て聞いて、その思いは変化しました。





私は、ブータンの魅力にたくさん気づきました。ブータンの方はおおらかで優しく、陽気な人たちばかりです。ここで、私がブータンに行って思い出に残っている出来事を1つ紹介します。



私達は、原っぱのあるところでピクニックをしました。お昼ご飯を食べ終わって、ブータンの伝統的な遊びのダーツのようなものをしました。ダーツが的に当たり、みんなで輪になって喜んでいると、まったく知らない近所のおじさんがその輪に加わってきて、みんなでブータンの踊りを踊りました。ブータンの踊りを知らない私たちは、見よう見まねでグダグダのダンスを踊ったのですが、訳がわからないくらい楽しくて、不思議な空間でした。踊り終わるとその陽気なおじさんとハイタッチ!



日本ではありえない、初めて会った人といきなり踊りはじめるブータン。そんなブータンのことを素敵だと感じたし、なぜ幸せな国と呼ばれているかわかるような気がしました。



しかし、ブータンの魅力とともに問題点も見えてきました。農村部の雇用不足と若者の失業率の高さです。



ブータンの魅力を知ってしまっただけに、この問題解決に貢献したいという思いが強く出てきました。この問題を解決する手助けができるように。それと同時にブータンの魅力も色々な人に伝えていけるように。そんな思いのもと私達は活動しています。お土産は、世界の人たちにブータンの郷土料理のことを知ってもらうためにはぴったりです。



私は、ブータン研修とクラウドファンディングという貴重な経験をさせていただいています。この経験は私を成長させてくれていると思います。このプロジェクトを最後まで続けていくためにこれからも頑張っていきます。皆様のご支援のほど、よろしくお願いします。


新着情報一覧へ