READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子どもたちに海外で柔道する機会があることを知ってほしい!

酒井 重義

酒井 重義

子どもたちに海外で柔道する機会があることを知ってほしい!

支援総額

271,000

目標金額 250,000円

支援者
33人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2016年03月25日 02:10

いよいよはじまります!

こんばんは!

 

酒井です。

 

先日は改めて、「子どもたちに海外で柔道する機会があることを知ってほしい」という私たちの想いを支援していただき、全国の子どもたちにチラシを郵送する機会をいただいたこと、本当にありがとうございました!

 

その機会をいただいた結果、今月26日から、

 

インドネシア・バリ島に9名、タイ・バンコクに3名、

合計12名が海を渡ることになりました!

 

<インドネシア>
大学生(群馬)男子
大学生(群馬)女子
高校生(大阪)男子
中学生(神奈川)男子
高校生(和歌山)男子

奈木佑次先生(兵庫県柳学園高等学校教員)

佐藤凌太先生(東洋大学学生インターン)

HIS添乗員の山崎さん

酒井

 

<タイ>
小学生(栃木)男子

小崎良輔先生(順天堂大学大学院博士課程)

東海光泰先生(國學院大學柔道部(主将)出身)

 

変更点

 

今回、インドネシア・タイ・マレーシアの3カ国を募集しておりましたが、マレーシアについては、参加希望者が少なく、また外務省から以下の「テロの脅威に関する注意喚起」が出されたこともあって、参加希望者が辞退されたことから中止となり、

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C056

 

タイについては、当初ラオス国境沿いのウドンターニーでの実施を予定しておりましたが、ラオス側の柔道家の参加が難しくなったこと、そして、ラオス側の柔道家の参加が難しい場合は、日本やタイの参加者にとって、バンコクが都合よかったことから、バンコクに変更しました。

 

オンライン事前研修

 

いまは、全国にいる参加者、未成年の参加者の場合は保護者の皆様、そしてスタッフが加入したフェイスブックのグループを作って、情報交換をしております。

 

そして、学生インターンで、コーチングなどを学んでいる佐藤凌太先生が、オンラインで事前研修を実施しました。

 

参加者の感想の一部を。

 

Aさん

----------

事前研修を通して、改めて自分自身を見つめ、考えることができました。過去の自分や現在の自分、そして未来の自分。なかなか自分を振り返ることもなく、周りの人に話すということもなかったので、改めてたくさんの人に支えられ、成長できたことを考える機会になりました。・・・

 

 

Bさん

------

事前研修の感想を述べたいと思います。

この研修を通して感じたことは、大きく分けて二つです。一つは自分の事を見つめ直す大切さです。普段自分を見つめ直す機会はあまりありません。そして、いざ見つめ直してみると自分の事なのに分からない事もありました。多分この研修が無ければ自分を見つめ直す事も、自分の事が分からないと悩む事も無かったと思います。この研修はとても良い経験になりました。
二つ目は一緒に行く仲間の事を少しでも知れたことです。出発する日にはじめましてではなく、事前に知れることでどんな人なのか知れたし、どんなことを思いこのプチ留学に参加したのかなどといった事も知れました。

 

 

などなど。

 

みんな想いをもって参加されています。だから大事なことは、その想いを「言語化」すること。表現すること。それによってカタチが現れ、そこからまた気づきと成長が生まれていくと考えております。



事前稽古とリアル研修

 

今回のJUDOプチ留学-第二期生-では、前回の第1期生のときはできなかった、リアルの場での事前研修も実施しました。

 

3月12日(土)、青山学院大学柔道部の皆様のご協力をいただき、道場をお借りしました。

 

残念ながら、都内近辺ではない参加者の皆様は参加できませんでしたが、都内近辺の参加者と保護者の皆様、引率、スタッフのほか、青山学院大学の柔道部の皆様、そして、昨年12月に実施したJUDOプチ留学の1期生も親子で参加してくださり、実り多い事前研修となりました。

 

最初にこの事前研修の目的を共有し、お互いを簡単に自己紹介する様子

 

そして2時間弱の稽古へ

 

稽古で身体が温まり、仲良くなったところで、お互いを深く知り合い、想いにカタチを与え、相互に成長する環境を作り出すためのワークをしました。

 

 

最終の打ち合わせ

 

出発はもうすぐです。

昨日は、旅行会社の担当者と最終の打ち合わせを実施しました。

 

 

3月26日から子どもたちが海を渡ります。

しかも2カ国同時開催。

 

実施した際の様子は改めてご報告させていだきますが、

最新の状況はフェイスブックページにアップする予定です。

 

支援してくださり、この機会を作っていただけたこと、

皆様に本当に感謝です。張り切ってまいります。

 

取り急ぎ、ご報告まで。

 

酒井

一覧に戻る

リターン

3,000

■サンクスレター

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

10,000

3000円に加え
■HPにお名前の記載
■「柔道プチ留学」のチラシ

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

30,000

10000円に加え、
■「海を渡って柔道をしたら世界が変わった」実行委員会による講演会が行える権利(最近の脳科学からみる運動の効果や柔道教育の未来、ロールモデルとしての嘉納治五郎先生(柔道を作った理由など)などについてお話させて頂きます。)
※交通費、宿泊費は支援者様にご負担いただきます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

240,000

30000円に加え、
■「柔道プチ留学」に参加する権利
プラン等については成立後、ご相談をさせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

プロジェクトの相談をする