ポケットティッシュカバー製作は、アイロンをかけて折り目を正確に付けることが一番大事な仕事です。

まず、両端に2cmの折り目をつけます。

ここでも、大活躍するのは僕専用の画用紙に引かれた線です。
2cmは、中ほどの赤い線に合わせてアイロンをかけます。

実は、線がちょっとだけ見えるようにアイロンをかけないと2cmぴったりに折れません。

少しでもずれてしまったら、規定通りの寸法には仕上がりません。

 

始めた頃は、2cmぴったりに出来ませんでしたが、今では2cmぴったりに折ることが出来ます。

そしてポケットティッシュカバーはアイロンかけが如何に綺麗に出来ているかできまります。

この作業も、アビリンピックで大活躍します。

毎日の仕事が、アビリンピックに繋がってます。

 

 

 

新着情報一覧へ