けいせつ基金の活動を高く評価してくださる方の中には

「同様の取り組みが他県にも広がりますように・・・」

とおっしゃってくださる方もいます。

 

大変ありがたいお言葉ですが、けいせつ基金と同様の活動が全国に広がるよりも、もっともっと効果的で素晴らしいことがあります。それは、この取り組みの成果を証明した後、茨城県に県政としてこの取り組みを引き継いでもらうことです。

 

もしこの取り組みが県の仕事として成功すれば、そのときは全国でも同様に実施することができるはずです。しかもその費用は、茨城県が先に示した実際の費用以下であることがほぼ確実です。茨城県はワーストだからです。

 

けいせつ基金が個人で勝手に何を始めようが勝手ですが、それを県にしてもらいたいというのは、まさに勝手な願望ではあります。

 

だからこそ、県を説得するために今は、雑種の雌犬の不妊手術が、もっともローコストでもっとも確実であることを裏付けるデータが必要です。

 

けいせつ基金の活動は、いわばそのデータ収集なのです。

 

仮に、茨城県の雑種の雌犬を1,000匹手術するとすれば、1匹当たり3万円として、全部で3,000万円必要です。

 

そして茨城県民の人口は290万人。

 

つまり、県民1人当たり約10円で、この問題を相当沈静化できるのです。

 

しかも、この取り組みは「終わる話」です。何年も続き終わりが見えない取り組みとは違います。箱物建設に何十億、維持費に年間何億・・・そういうものとは違い、4人家族で40円、それを1回だけ負担してくれれば、少なくとも向こう何年かはOK!そんな話なのです。

 

県の税金を使う話ですが、先日も書きましたように、この取り組みは犬が嫌いな人にも、十分に納得してもらえる可能性を持っています。

 

犬の問題は犬好きだけではなく、全県民に関係の深い「環境問題」なのです。

 

 

 

新着情報一覧へ