こんにちは!

国境なき子どもたちの佐藤です。

 

いよいよパレスチナでもラマダーンが始まります。

「希望の家」での活動もラマダーン中は時間を少し短くして実施します。

日本人である私から見ると大変な行事なのですが、

こちらの方からは「楽しみだ」という声も多いです。

 

(スポーツのアクティビティも暑いので早朝のみです)

 

この時期のパレスチナはとても暑く、断食はかなり大変です。

それでも子どもたちは元気に活動に参加してくれます。

私にとってはじめてのラマダーンである昨年はとてもびっくりしました。

合唱団の活動も少しずつ継続し、8月に予定しているレコーディングに備えます。

 

(暑い夏ですから、遠足でのプールは大人気です)

 

実は私もラマダーン中は飲食を仕事中は絶ちます。

その必要はないのですが、郷に入っては郷に従えです。

もちろん、飲食店がすべて閉まっているので

食べに行こうにもいけないのも事実ですが・・・。

 

(現地レストランの昼食。1ヶ月食べられません。)

新着情報一覧へ