クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!

認定NPO法人国境なき子どもたち 佐藤健太郎

認定NPO法人国境なき子どもたち 佐藤健太郎

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!
支援総額
366,000

目標 250,000円

支援者
38人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年11月23日 18:42

曲目解説⑤

皆さん、こんにちは!

 

国境なき子どもたちの佐藤です。

 

テレビのニュースでご覧になられているかもしれませんが、

現在、エルサレムを中心に

イスラエル人とパレスチナ人の間での争いが激化しています。

 

センターのある村では今の所大きな衝突はありませんが、

隣村ではかなり大きな衝突がありました。

 

こういった中でもできる限り子どもたちに

安心して過ごせる場所を提供したいと私たちは考えています。

 

さて、本日の曲目解説です。

5曲目も結婚の歌と言えるのでしょうか。

タイトルは「私たちの花婿は部族のリーダー」。

 

部族やベドウィンといった言葉が出てくる古い歌です。

 

(現地の家庭でご馳走になった家庭料理。羊の腸にご飯を詰めたもの。)

 

私たちの活動しているアルザリア村には

パレスチナ警察の治安維持権限がなく、

事実上警察がいない状況となっています。

何かあったらイスラエルの軍が

治安維持をすることになるのです。

 

それでも平和な村である理由の1つが部族同士での

話し合いによる問題解決が行われているからだと言われています。

 

また、村には定住しているベドウィン族もいますし、

時折ロバに乗ってやってきたりもします。

特に宗教行事の際には羊などを売りにくるのです。

 

村といっても町に近い村なのですが、

ラマッラなどの都市と比べると

昔からの生活や習慣が強く残っているのです。

 

(エルサレム郊外の村の様子。村の外れでベドウィン族が放牧していることも。)

 

歌詞の日本語訳はこちらです。

 

我らが花婿よ…。

彼の人は部族の長。

部族の長が我らは花婿。

 

我らが花婿よ…。

彼の人はベドウィン族の最も優れた人。

ベドウィン族で最も優れた人が我らが花婿。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード

支援者
17人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書

支援者
6人
在庫数
制限なし

15,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
写真家ハービー・山口さんサイン入りオリジナルフォトプリント(限定15枚)

支援者
15人
在庫数
完売

30,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書
このプロジェクトのドキュメンタリーDVD(英語字幕)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする