クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!

認定NPO法人国境なき子どもたち 佐藤健太郎

認定NPO法人国境なき子どもたち 佐藤健太郎

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!
支援総額
366,000

目標 250,000円

支援者
38人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年05月06日 19:53

パレスチナの伝統楽器

こんにちは。


国境なき子どもたち(KnK)の佐藤です。

 

さて、本日はKnKがパレスチナ自治区西岸地域で運営しているユースセンター「希望の家(House of Hope)」での伝統楽器の授業について紹介します。

 

パレスチナでよく演奏されている伝統楽器はウード(Oud)とタブラ(Tabla)の2つです。ウードは琵琶のような弦楽器でタブラは太鼓のような打楽器です。これらはパレスチナに限らず中東全域で演奏されています。もちろん、西洋の楽器も人気で、オルガンやギターなどを習いたいという子どもや若者も多くいます。

 

(ウードの練習風景)

 

「希望の家」に通う子どもたちに人気なのはタブラです。子どもたちがセンターにやってくる午後2時以降は子どもたちがタブラを練習する音でいっぱいです。話によるとセンターから少し離れた家からでも練習の音が聞こえるとのこと。子どもたちが楽しそうに通っている姿を見ているからでしょうか、それでも、近所に住む皆さんは私たちの活動を優しく見守ってくれています。

 

(タブラの練習風景)

 

私もこのタブラの練習をしたことがありますが、ちゃんとした音を出すのもなかなか難しく、奥が深い楽器だなと思いました。皆さんもご存知のように楽器の演奏を習うにはたくさんの練習時間が必要ですが、子どもたちの家には楽器はなく、センターでしか練習できません。そんな中でも、子どもたちは熱心に練習し、成果発表会などで練習の成果を見事に披露してくれます。

 

(成果発表会での演奏風景)

 

子どもたちにとって「希望の家」は日頃は触れることのできない楽器で遊べる貴重な場所なのかもしれません。これからもそうであれるよう、また、このプロジェクトを通じて更なる発展をできるよう、努力していきたいと思います。引き続きご支援のほどよろしくお願いします。

 

(キ—ボードで遊ぶ子どもたち)

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード

支援者
17人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書

支援者
6人
在庫数
制限なし

15,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
写真家ハービー・山口さんサイン入りオリジナルフォトプリント(限定15枚)

支援者
15人
在庫数
完売

30,000円(税込)

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書
このプロジェクトのドキュメンタリーDVD(英語字幕)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする