ついに、クラウドファンディングが始まりました。初日、続いて2日目の本日と温かいご支援をいただき、ありがとうございます。

 

当院では、 多くの子ども達がより安心して治療を受けてほしいとの願いから、小児集中治療室(PICU)を現在の8床から12床に増やす工事を進めています。

 

「長野県中の医療機関からのより早い依頼」「迅速なドクターカーでの搬送」「充実したPICU体制」がそろうことで、よりよい治療がすすめることができます。

 

また、これらの体制が整備されることで、その患者さんを運ぶドクターカーの役割も ますます大きくなることと思います。

 

私自身も、院長となる前は、心臓血管外科に携わっておりました。未来につながるこども達の可能性を信じて、その可能性を少しでも引き出すことができたらと思いながら、こども達と向き合ってきました。いまも、その思いは変ることはありません。

 

今回のプロジェクトが成功することで、多くの方に小児・周産期医療を認識してもらい、当院が先駆けて導入したドクターカーの大切さを分かっていただけますと何よりです。 一緒に、ドクターカーを守っていってくださいますようお願い致します。

 

こども病院のキャラクター「ちるくま」と

 

新着情報一覧へ