プロジェクト概要

村の子供達みんなが笑顔で集まるベースを作りたい!!

▼自己紹介

 

初めまして。近藤と申します。自分は年に3回以上はフィリピンに渡航して10年以上になります。毎回感動するのは現地の人達の活気ある姿です。行くたびに発展していく街に毎回感動してます。しかし一歩外にでると貧困の人達も多く居ます。今回はマニラから1時間半ミンダナオ島ダバオから車で5時間かかるLaakという村です。都市部とは違いほんとに何もない所でした。それでもみんな一生懸命頑張ってました。1番は子供達ですが何か自分にも子供達に、また村の人達に笑顔を絶やすことなく与えられる場所を作りたいと思い今回のプロジェクトを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

村の人達が効率よく仕事が出来、母店として纏め物流の拠点になる!!

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

今年の5月にフィリピンミンダナオ島ダバオから5時間かけて向かったLaakと言う村であまりにも貧困だと分かるような場所にもかかわらずみんなが活気あり明るく振舞ってもてなしてくれました。しかしどこか寂しげな表情を見せるとこもあり都会のマニラと比べて全然違う環境にいるなと感じました。

自分になにが出来るか考え第一歩としてサリサリストアー兼店舗を作ることによって誰もが立ち寄れて笑顔あふれる場所を提供し、母店として拠点になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様から頂いた支援でサリサリストアー兼店舗を作りベースになる場所を作る!!

 

▼プロジェクトの内容

 

第一歩としてサリサリストアーをオープン

サリサリストアーとは個人で営んでる商店です。個人なので当然仕入れも個人で行います。ただ。奥地にあり仕入れも車、バス、バイク等で個人で何時間もかけていくのが現状です。当然高齢の方も居ますので仕入れがままならない店舗も多数あります。

この現状を見て、自店舗を出すことで母店となり拠点をを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

活気ある村、ネット環境も含めて子供達の勉強の環境が良くなる

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

今回のプロジェクトを通じて、先ずは母店として子供達、村の人達が笑顔で集まるベース作りになります。

その後、各店舗を取りまとめネット環境を整え物流の拠点として村の人達の助けになります。

ネット環境を整えることにより1つしかない村の小学校にもネット普及により効率よく勉強が出来ます。

ゆくゆくは電力不足もありますので広大な土地にて太陽光発電も考えてます。

今回はその第一歩で御座います。

2019/04/01店舗(Koichi"sBase) 
をオープンする事によって、プロジェクトを終了とする。 

※店舗について 
オープン完了予定日:2019/04/01 
建築場所:フィリピンミンダナオ島Laak Anitap Laak comval province
土地の取得予定日:2019/01/15 
建築後の用途:個人商店をオープンする 
建築の進捗状況:未着手(着手予定日2019/02/10) 
建築作業:外部委託(委託先未定、候補あり) 
建築委託先決定予定日:2019/01/25

 

 

 

 

 

 

 

 

ご支援お待ちしております。

▼リターンについて

・お礼のメール

速やかにお礼のメールを配信致します。

 

・サンクスメッセージカード

子供達(村の人達)が1つ1つ丁寧に書いたメッセージを送らせて頂きます。

 

・現地特産品を送ります。

現地のバナナチップ等を詰め合わせて送ります。