今回のリニューアルでは、能楽の「舞囃子」や「仕舞」をご覧いただけるページを新撮影・公開の予定ですが、アジアの楽器図鑑では、能楽で使用している楽器(能管小鼓大鼓太鼓)をご覧いただくことができます。(一部、公開作業中の動画もあります。)

 

写真左より:太鼓、大鼓、小鼓、能管   

 

また、大鼓のページでは、演奏の時に指にはめる「指皮の製作過程」もご覧いただけます。もし、能楽公演をご覧になられる際などに、本サイトをご利用頂けますと幸いです。

 

なお、8月25日(金)に予定しています新撮影では、舞囃子と仕舞の「西王母」のほかに、連吟「草紙洗」、仕舞「熊野」「井筒」、舞囃子「融」「経政」「熊坂」を撮影予定です。

新着情報一覧へ