READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

築132年の古民家を改修し、心が豊かになるオフィスを作りたい!

長尾孟大 小笠原光将 永易黎於 立石周諭

長尾孟大 小笠原光将 永易黎於 立石周諭

築132年の古民家を改修し、心が豊かになるオフィスを作りたい!
支援総額
1,360,000

目標 1,000,000円

支援者
69人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2016年01月09日 19:32

【昨年度の振り返り11月】

 

一個前の投稿に引き続き昨年の振り返り二回目

今回は11月のことについて振り返らせて頂きたいと思います。

反省文のような記事になってしまいましたが、、、

______________________________________

 

11月はβオープン中に数名の方に視察に来ていただきました。

遠方よりお越しいただいた方々、誠にありがとうございました。

 

 

この期間を通して、施設を使って気になった点や、ここは改善すべき点というのを伺うことが出来ましたが、しっかりとヒアリングができるように、応えていただく側の方々が答えやすいアンケート用紙を作るべきでした。特に、床の強度など僕らが気になっていた点についてはしっかりとピンポイントで聞くべきであったと思っております。

 

 

そして反省点としては、βオープンの位置づけをもっと明確に伝えなかった点であり、結果として独り善がりなβオープンとなってしまったことです。

事前の作業を全て万全に終え、事前準備をできるスケジュールを立てるなど、もっと作業にとりかかる以前の段階でのスケジューリングがとても甘かったと反省しております。また、そもそもβオープンというオープン事体を行うかどうかについては、それを行ったことに対するメリットとデメリットを目先のことだけではなく長い時間軸で考えることが非常に大切だったと反省しております。

これらを踏まえて、次回以降は、何かを行うことによってどこまで(相手目線で)メリット、デメリットがあるのか。メリットのみを見つめそれをすることによって損失する機会費用がほかに使えないか。やろうとしていることは本当に相手のためなのか。もっとほかのことは出来ないのか、という視点を常に忘れずに意思決定をおこなうように改めて行きたいと思います。

一方で、下旬には経営合宿を現地で行ったことで、普段よりも効率的な会議を行うことができました。やはり、現地の空気を肌で触れることで新しい考えが浮かび上がるようである、といったことを強く感じると共に東吾妻の良さを再認識した瞬間でした。



 

 

(12月に続く)

一覧に戻る

リターン

5,000

・サンクスメッセージ
・ありがとうボード【小】記名

支援者
6人
在庫数
制限なし

10,000

シルバー会員権
施設利用年間10回&譲渡1名
シルバー会員名刺20枚
ありがとうボード【中】記名

支援者
47人
在庫数
制限なし

30,000

ゴールド会員権
施設利用年間30回&譲渡3名
ゴールド会員名刺30枚
ありがとうボード【大】記名

支援者
11人
在庫数
8

100,000

ブラック会員権
施設利用年間30回&譲渡10名
ブラック会員名刺100枚
ありがとうボード【特大】記名
完成記念ありがとうBBQにご招待
▶協力してくれた方や、改修作業を手伝ってくれた人向けのBBQ会です。

支援者
5人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする