READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

被災地郡山の中学生と第九の演奏で共演し、音楽で励ましたい!

被災地郡山の中学生と第九の演奏で共演し、音楽で励ましたい!

支援総額

286,000

目標金額 1,500,000円

支援者
10人
募集終了日
2014年10月23日
募集は終了しました
4お気に入り登録4人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

4お気に入り登録4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

福島県郡山市の中学生オーケストラと合唱総勢300名と、プロ合奏団京フィルとの共演でベートーヴェンの「第九」を共演したい!

 

こんにちは!私は特定非営利活動法人京都フィルハーモニー室内合奏団の理事長、小林明です。京フィルは1972年に創立以来43年間、多くの人々に楽しい音楽をお聴きいただきたい!特に子どもたちに音楽を!という思いで演奏活動を続けてきました。テレビやゲーム漬けのバーチェルな世界で生き、物にしか価値が見つけられない子ども。「未来の聴衆」である子どもたちが豊かな心と創造力を持つために絶対必要な、生の芸術に触れられるように日々演奏活動しています。

 

このプロジェクトは、2015年3月22日に郡山市文化センターにて、中学生オーケストラと合唱の約300名と京フィルの共演で、人間讃歌の名曲「ベートーベンの交響曲第9番合唱付」を共演します。音楽で被災地の学生達を励ましたいです!

 

しかし、京フィル演奏家26名が郡山に行く交通費と宿泊費、広告宣伝費用など、合計150万円が足りません。最高の「第九」を演奏するため、皆様のお力をお貸しいただけませんか。

 

(昨年、郡山でのコンサートの様子)

 

今も放射能汚染で不安な生活をおくっている福島県郡山市の中学生オーケストラとベートーベンの「第九」を共演したい!音楽で子供達を癒したい!

 

福島県郡山市では放射線汚染の心配が続いています。震災後は野外での活動が制限されていましたが、今は除染が徐々に進み、今年の夏は学校のプールも使用出来るようになったと報道されていますが、しかし実際現地では放射能汚染にたいして不安は払拭されていません。いくら除染してもまたすぐ数値は上がる、郡山で子どもを産むのは心配、という声をたくさん聞きます。

 

そんな中、郡山市では震災前から「東北のウィーン“楽都”郡山」として平成20年音楽都市宣言をしました。そして全国でも珍しく、郡山市の公立中学校3校にはオーケストラ部があります。彼らの演奏水準は高く、日本一のレベルです。彼らは震災、放射能汚染で将来の不安を抱える中、音楽を心の拠り所として、震災以降も元気に練習に励んでいます。

 

今回ベートーヴェン作曲の「第九交響曲」を共演曲として選んだ理由は、勿論「人間讃歌」です。幾多の困難を乗り越え、人類はみんな兄弟と歌うこの第九、今回のコンサートにふさわしい曲です。

 

(生徒達が一生懸命に練習する様子)

 

京フィル創立43年間で200万人以上の子どもたちに楽しい音楽を届けてきました。

 

京フィルは1972年5月に創立し、10年間は任意団体で、その後20年間は有限会社として、そして2000年に待望のNPO法人を取得しました。日本のプロオーケストラで初めてNPO法人になりました。

 

京フィルは創立以来「未来の聴衆」である子どもたちに生の本物の音楽を届けるという命題が重要な活動の一つであります。創立43年間で延べ3,000校、200万人以上の子どもたちに楽しい音楽を届けてきました。

 

(2012年岩手県宮古市田老地区での避難住民支援コンサート)

 

(2012年田老第一中学校への支援コンサート)

 

「またいつか教えて頂き、また共演したい」中学生たちの気持ちに応えたい!

 

このプロジェクトを始めたきっかけは、京フィルは震災復興支援のため2011年11月に宮城県宮古市田老に、2012年3月に福島県郡山市郡山市立緑ケ丘中学校の「音楽卒業式」に行ったことがきっかけです。

 

(緑ケ丘中学校の「音楽卒業式」)

 

緑ケ丘中学校の「音楽卒業式」は、卒業生と在校生が向き合い、贈る言葉や答辞の間に常に生音楽が演奏され、生徒が歌を歌い、中学生オーケストラ部と京フィルの合同演奏で3年生が巣だって行ったのです。京フィルの演奏者は涙で楽譜が見えないほど感激し、中学生オーケストラ部の子どもたちも「またいつか教えて頂き、また共演したい」と言っていました。

 

(郡山緑ケ丘中学の中学生4名と共演の様子)

 

2012年9月には郡山緑ケ丘中学の中学生4名を京都に招待し、京フィルと共演しました。また2013年2月には再び郡山に行き、中学生と共演しました。

 

このプロジェクトでは、勿論、震災復興支援が目的ですが、もう一つ役割があります。芸術の力で創造力と、人間としての優しさや思いやりの心を身につけて欲しいと考えています。

 

まだ震災復興が遅々として進まない中、また放射能汚染の不安が消えない中、子どもたちの心のケアがまだまだ必要と考え、音楽の力で手助けすることを考えています。

 

 
プロジェクトの詳細

コンサート

実施日・時間:2015年3月22日(日)14時30分開演

会場:郡山市民文化センター中ホール

出演:京都フィルハーモニー室内合奏団

   郡山市立の中学生オーケストラ部・合唱部選抜メンバー

曲目:ベートーヴェン「交響曲第9番 ニ短調 合唱付」ほか

 

引換券について

 

・お礼の手紙

・当日プログラムにお名前を掲載

・京フィルオリジナルCD

・3月22日のコンサートチケット2枚

・京フィルオリジナルバッグ

もっとみる

プロフィール

1972年京都フィルハーモニー室内合奏団を設立。芸術の力で豊かな心と創造力を持つ子どもを育てたい!という思いで43年演奏活動を続けています。

リターン

3,000

alt

お礼の手紙
当日プログラムにお名前を掲載。

支援者
5人
在庫数
制限なし

10,000

alt

お礼の手紙
当日プログラムにお名前を掲載
京フィルオリジナルCD1枚プレゼント

支援者
6人
在庫数
制限なし

50,000

alt

お礼の手紙
当日プログラムにお名前を掲載します。
京フィルオリジナルCD2枚進呈します。

支援者
0人
在庫数
10

100,000

alt

お礼の手紙
当日プログラムにお名前を掲載します。
京フィルオリジナルCD3枚進呈します。
3月22日のコンサートチケット2枚進呈。

支援者
0人
在庫数
5

300,000

alt

お礼の手紙
当日プログラムにお名前を掲載します。
京フィルオリジナルCD4枚プレゼントします。
京フィルオリジナルバッグ1ケ進呈します。  
3月22日のコンサートチケット2枚進呈。

支援者
0人
在庫数
5

プロフィール

1972年京都フィルハーモニー室内合奏団を設立。芸術の力で豊かな心と創造力を持つ子どもを育てたい!という思いで43年演奏活動を続けています。

あなたにおすすめのプロジェクト

子どもたちに音楽を。ソニー音楽財団が提案する、新たな支援文化

公益財団法人ソニー音楽財団公益財団法人ソニー音楽財団

#音楽

26%
現在
265,000円
寄附者
10人
残り
24日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする