暑中お見舞い申し上げます。熊野古道女子部の髙森玲子です。

今回、みなさまへのお礼のお葉書は、熊野古道のゴール地点・熊野本宮大社の「八咫烏ポスト」から投函させていただきます。(1万円以上のご支援のリターンです)

 

八咫烏ポストは、社務所の前の、多羅葉(たらよう)のご神木の下に設置されています。多羅葉は、その昔、葉の裏に爪などで文字を書いていたことが葉書の語源となり、「葉書の木」「手紙の木」とも呼ばれています。

 

ポストの上で羽を広げているのは、もちろん3本足の八咫烏(やたがらす)なのですが……いつもは黒い八咫烏が、今年は、熊野本宮大社御創建二千五十年を記念して、なんと「金色」に塗られています!!!

(来年からは、また黒に戻るそうです)

 

殊更に、金運アップのご利益を感じてしまうのは、私だけでしょうか…!?

 

そんな今年限りの、超レアな八咫烏のもとから、みなさまの「よみがえり」を祈念しつつ、感謝の心を込めて葉書をお送りさせていただきます。

 

本プロジェクトにご協力いただいております、熊野本宮大社の九鬼宮司さま、社務所のみなさまに厚く御礼申し上げます。

 

「熊野古道ガチ合宿」で、女子部員たちが熊野本宮大社に辿り着いたシーンはこちら!

 

 

 

新着情報一覧へ