この新着情報ページでは、概要ページで掲載しきれなかった本書寄稿予定者の情報を一部公開させていただきます。

 

八人目は、社会人の部で寄稿予定、学生時代に「休学」を選び、日本一周、そして「日本人女性初アフリカ大陸5000km単独自転車縦断」を果たした山田美緒さんです!

 

名前:山田 美緒(サイクリスト / KISEKI Authentic Japanese Restaurant 女将)

 

山田 美緒(やまだみお)と申します。

 

大阪外国語大学アフリカ地域文化学科在学中の4年時に1年間休学しました。大学は10年以上前に卒業しましたので、寄稿者のなかでは年長組です。

現在はアフリカのルワンダに子供3人と夫と暮らし、KISEKI Japanese Restaurantの女将として働いています。

本書「休学を選んだ日本人」の主旨に賛同し、寄稿させていただくことになりました。

 

私は大学4年次に1年間休学をし4~6月で日本一周、8月~1月で日本人女性初アフリカ大陸5000km単独自転車縦断をしました。

 

復学後は、100回以上の企業、学校、地域の集まりなどでの講演を行い、テレビやラジオなど多数のメディアで取り上げられ、幻冬舎より『マンゴーと丸坊主』を出版しました。

卒業後はトドプレス(雑誌ソトコト)に就職しましたが、3年後退職し、アキ・コーポレーション(ルイガノ)他数社とスポンサー契約してサイクリストとして独立をしました。

2011年には「自転車は世界を繋ぐ」を合言葉に一般社団法人コグウェイを設立、国内外からのサイクリストと共に四国を1周する『四国ディスカバリーライド』や『台湾ディスカバリーライド』を開催しました。

 

2016年からはルワンダのキガリに移住し、日本食レストランと日本人宿「キセキ」を経営しています本クラウドファンディングの3000円コース以上ご支援いただいた方全員に、日本人宿「キセキ」の宿泊一日無料券をご提供させていただきます!)

 

現地のシングルマザー常時20名が、レストランと宿での実務を通じて接客、料理、清掃、英語などのさまざまなスキルを学び、ナニーやヘルパーとして独立できるよう支援をしています。

ビジネスを通じて雇用を生み出し、同じお母さんの立場にある女性のエンパワメントを行い、コミュニティをよくしていくことが目標です。

他にも学校給食の提供やファーマーズマーケット、作家、ミュージシャンなどコミュニティの小さなビジネスが挑戦できる店舗を出せる場所と機会の提供など、ルワンダのお節介センターとなるべく地域を巻き込みいろんな活動をしています。

 

まずは「休学を選んだ日本人」を読んでください、そしてルワンダへお越しください。

おっと、そのためには出版するための費用が必要なのでした。私はすっかり書く気になっていますが、まだ決まってないのでした。私も読んでみたいこの本、多様な学生生活、進路のあり方がつまったこの本。休学しよっかなぁという若い方々だけでなく、私みたいにとっくに卒業してしまった皆様も、ぜひとも応援よろしくお願いします。

新着情報一覧へ