この新着情報ページでは、概要ページで掲載しきれなかった本書寄稿予定者の情報を一部公開させていただきます。

 

十一人目は、現役学生の部で寄稿予定、現在休学中でフィリピンにて生活を送る牛嶋君です!

 

名前:牛嶋 将尊(早稲田大学法学部4年次休学中)

 

~自由に生きるための休学~

 

初めまして、早稲田大学法学部4年次休学中の牛嶋将尊です。僕の休学の動機は、大学3年生の時、「自由に生きたい」と思ったことです。僕にとっての自由の定義は「いつでもどこでも挑戦できる土台を持っていること」です。自分は過去に、金銭や語学力が原因で、挑戦を諦めてきた経験があります。その度に、そんな自分の人生を変えたいと思って来ました。自由に行動できる今だからこそ、上記障壁を取り除くための力をつけておきたいと思い、休学を決意しました。

 休学中は「英語力・開発力・思考力」と「世界の解像度向上」をテーマに掲げて活動しています。現在は、フィリピンのスタートアップで、とある開発プロジェクトのリーダーをしています。日常的に英語を使いながら、ソフトウェア開発についてインプット、アウトプットを通して学んでいるところです。

 

−本書を通して伝えたい経験や想い、意気込み等

「正解なんて一つもない、自分の人生自分で決めろ」

 いわゆる日本には「社会のレール」が存在していますが、21世紀に入り生き方が多様化している現在、そのようなものは虚像に過ぎなくなっています。自分の人生は自分でデザインしなければいけません。ちゃんと自分で考えて行動しないと、周りに流されて人生を終えることになります。

 本書籍を通じて、自分で考えて行動することの重要性、自己実現の方法の一つとしての休学という手段、そしてそこから自分が得られた経験をより多くの人に伝えたいと思います。

 

−最後に一言

自分の場合、現在休学中ですが、現時点で既に、休学してよかったと感じています。本書籍が自分の目的を叶えるための手段として休学を考えているあなたの背中を少しでも押すものになれば幸いです。是非ともご協力お願いします。

新着情報一覧へ